軽くて丈夫でカッコイイ! これ一本でおうちヨガができる『パナシールド ロングヨガポール』をおためししてみた!

モダンな最新家電? いいえ、ヨガポールです。

リモートワーク中心になってからというもの、運動量も減りずーっと座りっぱなしで、なんだかカラダの贅肉が気になる…。そこでこの機会におうちでもできる運動を、と思いついたのが、ヨガだ。相棒に選んだのは『パナシールド ロングヨガポール』。豊富なカラーでデザイン性も高いし、生地や機能性にもこだわりあり! さっそくおためししてみよう。

 

機能性とデザイン性を兼ね備えたロングヨガポール

ストレッチや姿勢補正、体幹トレーニングなどをサポートしてくれるヨガポール。手軽に効果を格上げできると、最近では自宅でのトレ―ニングに取り入れている人も多い。リスカイ株式会社(千葉県市川市)が販売する『パナシールド ロングヨガポール』(全7色・価格 税込3,794円 / 編集部調べ・発売中)は、全長92㎝のロングタイプのヨガポールだ。

全身を乗せて体重をかけても沈まないことが重要なヨガポール。この製品は発泡オレフィン系樹脂の芯材を使用しているので、凹みや折れが発生しにくく丈夫なのが特徴だ。

カバーは通気性と耐久性に優れたPUレザー素材を使用。汚れがサッと拭き取りやすく、チャック部分も二重構造だから肌に当たってしまうこともない。

焼却時にはダイオキシンが発生せず環境にも配慮。軽量かつお部屋のインテリアに合わせて選べる全7色のラインナップで、毎日のエクササイズがもっと快適に、もっと楽しくなる商品だ。

 

使っても置いておいても気分がアガる!

ヨガマットは普段から使用しているが、ヨガポールは使ったことがなかった記者。その理由のひとつに「重たくて持ち運びが大変そう…」というのがあったのだが、まずは持ってみてその軽さに驚き! 芯材とカバーを合わせても1.2キロほどしかなく、もちろん女性でも片手で楽々運べる重量だ。

表面の手ざわりもサラサラで快適。無数の通気孔はもちろん、レザー生地自体の表面に微細な凹凸があるので、汗をかいた肌でもベタっと張り付いてしまうこともなさそう。

こちらが二重構造のファスナー。白いファスナーの部分が丸々隠れるので、表面を手で撫でても引っかかりはなく凹凸もあまり気にならない。

全身を乗せてみると、点で沈み込むことなく頼もしい反発力でカラダ全体を支えてくれる。硬すぎると痛いし柔らかすぎると凹んでしまうから、このくらいがちょうどいい。長さも後頭部からお尻の下までしっかり! 巷には95 cm以上のロングポールもあるが、身長に対して長すぎるとバランスが取りづらいそうなので、記者にはこれくらいがぴったりだ。

内ももなどの痛さを感じやすいところも、程よい弾力で気持ち良く刺激できる。筋膜リリース用のフォームローラーは痛すぎてすぐにギブアップした記者だが、このポールでのストレッチなら無理なく続けられそうだ。こちらのホワイトカラーは、シンプルなインテリアにもなじむスタイリッシュなカラー。ゴールドであしらわれた「Panashield(パナシールド)」のロゴも洗練された雰囲気でカッコイイ! 

シックなブルーは、まるで最新家電のようにも見えるモダンなデザイン。インテリアの邪魔になるどころか、いい感じのアクセントになっている。これなら持っているだけでも美容意識が高まりそう…!

 

ヨガポールデビューにぴったりの1本

『パナシールド ロングヨガポール』はホワイト、ブルー、ブラウンなど性別を問わず使いやすいカラーのほかにもピンク、イエローなど女性の気分を上げてくれそうなビビッドカラーもある。好きなカラーを選べばおうちでのトレーニングももっと楽しくなるだろう。

 

使用されている発泡オレフィン系樹脂は、変形しにくい耐久性もその魅力。大切に使えば長持ちするから、ヨガポールデビューの1本としてもぴったりだ。簡単なストレッチでもこのロングヨガポールがあるだけで格段に気持ち良いから、リモートワークでカラダがなまっている人はぜひおためししてみて!

 

商品はリスカイの楽天ショップから購入できる。

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official image

トラックバック