10月12日は豆乳の日! パッケージがリニューアルした『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ』で今夜はおいしい豆乳鍋を!

おうちでおいしい豆乳鍋をするならコレ!

 

「キッコーマン おいしい無調整豆乳」を使用した『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ』シリーズが、パッケージをリニューアルして今年も登場! ストレートタイプの鍋つゆだから、すぐに使えて便利。好きな具材を用意して、おいしい豆乳鍋を堪能しよう!

 

キッコーマンの「おいしい無調整豆乳」を使ったおいしい鍋つゆ!

『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ』シリーズは、「キッコーマン おいしい無調整豆乳」を使った鍋つゆ。「おいしい無調整豆乳」は大豆と水で作られた、大豆の香りがほのかに香るすっきりとした味わいが特徴。

昨年発売され、今年はパッケージがリニューアルした。

 

だしへのこだわり! 鰹だしだけではなく、昆布だし・鶏だしも!

3~4人前

『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ 香る鰹だし』(750gパウチ・希望小売価格 税込389円)は、だしの豊かな風味とクリーミーな豆乳が合わさり、深いコクのある味わいが楽しめる。

 

鰹だし、昆布だし、鶏だしと3種類のだしが使われている。「キッコーマン 豆乳おからパウダー」と大豆粉末も使われており、豆乳のまろやかなコクを引き立てている。野菜をたっぷり使い、肉や魚を加えたり、お好みの食材で鍋を作ってみよう。

 

旨みたっぷりだから少ない食材でもおいしく仕上がる!

今回はパッケージのレシピを参考に、鶏もも肉、白菜、にんじん、油揚げを用意してみた。少ない食材でも、旨みたっぷりに仕上がるのが鍋つゆのいいところ。

パウチごとよく振ってから使うのがポイント。封を開けただけで、鰹だしのいい香りがする…! 鍋に注ぎ入れ、材料を入れてひと煮たちさせよう。

全体的に火が通ればOK。ぐつぐつと煮立ってくると、だしの香りがさらに華やかだ。

 

おいしい豆乳鍋がおうちで簡単!

とっても簡単! 『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ』を使った、鰹だしが香る豆乳鍋のできあがり!

まずはスープを一口。クリーミーな豆乳と3種のだしの旨み、さらに野菜や鶏肉のみが加わっているから、申し分ないおいしさで食べる箸が止まらない。豆乳のおいしさとコクもあり、濃厚ながらも後味はすっきり!

 

〆の楽しみ。ごはんを加えて豆乳リゾットに!

油揚げにジュワッと染み込んだ鍋つゆの旨みがまた最高。ここに豆腐を入れて、大豆づくしの一品にするのもおすすめ。〆には、ごはんと黒コショウを加えた豆乳リゾット! 二度おいしさを味わえるなんて最高だ…。さらにチーズをのせれば、洋風な味わいに変化するのでぜひおためしを。

他にも様々なアレンジメニューがあるのでぜひ楽しんでみて。じゃがいもや玉ねぎなどを加えてポトフ風。ウィンナーを入れれば子どもも大喜び。白菜と豚肉を重ねてミルフィーユ豆乳鍋。鰹だしがきいているから、しゃぶしゃぶもおいしそう!

 

ごまの風味豊かなまろやか担々

 

 

 

『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ まろやか担々』(750gパウチ・希望小売価格 税込389円)。こちらは、すりごま、ごま油、豆板醤を合わせた、マイルドな辛さが味わえる担々鍋つゆの素。

豚肉、豆苗、焼き豆腐、ねぎ、そして餃子を入れてボリュームある鍋はいかがだろうか。〆に中華麺を加えて「豆乳担々麺」にしてみよう。

 

ストレートタイプの鍋つゆは忙しい時の味方

豆乳を使った鍋は寒い季節にホッとカラダを温めてくれる。料理にも幅広く使える豆乳の味わい。食材のおいしさも鍋つゆに溶け出すから、どのように食べてもおいしい。ストレートタイプの鍋つゆは、味付けや分量を計る手間がいらないので、忙しい時にもそれだけで時短になる。おいしい豆乳鍋はおうちで簡単に!

 

『キッコーマン 濃厚豆乳鍋つゆ』シリーズは、全国のスーパーや小売店等で発売中。

 

公式サイトはこちら。アレンジレシピも掲載!

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子 / official images

トラックバック