【レトロ可愛い第二弾】純喫茶グミシリーズ『昭和の味 純喫茶グミ クリームソーダ』が待望の全国発売!

シリーズ集めたくなる!レトロ可愛いグミ

 

あの完売御礼の大人気「昭和の味 純喫茶グミ」シリーズから第二弾『クリームソーダ』がついに全国発売だ。レトロ可愛いパッケージで話題になり、第一弾の「ミックスジュース」を上回る盛況ぶり。満を持して、ついに全国で手に入る! 味わいも見た目も楽しめる話題のグミをご紹介。

 

パッケージデザインの会社が手がけた、口でも目でも楽しめるおかし

レトロ可愛い大人気のグミを発売するのは、食品パッケージのデザインを手がけるアイデアパッケージ株式会社(大阪府池田市)。おっ? と目を引くデザインで、量販店やコンビニにならぶ食品パッケージデザインを手掛けている。

話題になった「大阪紅ショウガ天柿ノ種揚」や、「大阪紅ショウガ天ポテトチップス」もアイデアパッケージの企画した自社商品だというからびっくり。

全国発売になる、レトロ可愛いグミ第二弾『昭和の味 純喫茶グミ クリームソーダ』(40g・販売価格 税込145円・2021年4月末一部地区で先行発売)は、JR西日本駅ナカのセブンイレブンで先行発売された商品。外出の制限がある中、ミックスジュースを大きく上回る販売数を記録した、大注目の商品なのだ!

 

あわせて読みたい: レトロ可愛い! 完売御礼、純喫茶グミシリーズ第一弾『昭和の味 純喫茶グミ ミックスジュース味』がついに全国で発売!

 

昭和の味の代表格、メロンソーダにアイスクリームをのせた”クリームソーダ”の誕生は、何と明治35年なのだとか。今の姿は昭和の純喫茶で、ハイカラなドリンクとして変化し、人気を博したそう。

そんな古い歴史があったなんて知らなかった…。さっそく見ていこう!

 

クリームソーダの爽やかカラー! 駄菓子のような楽しいグミ

パッケージは濃い水色をベースに、味のあるクリームソーダのイラスト。昭和を思い起こさせる、手書きで描かれていた映画の看板のようなレトロ可愛いタッチだ。

踊るような文字のロゴは、純喫茶の置き看板のようで可愛らしい。

チャック付きで持ち運びやすく、水色が爽やかでカバンに入れていても雑貨のようでウキウキする。カバンもいいが、ズボンのポッケでチラ見せしたくなるようなインパクト。

親指の爪ほどある、大きめのグミは2トーンカラーで、つまんでもパウダーをまとっているので、ベタつかない。香りはメロンキャンディのような、駄菓子感のある香りだ。 白はアイス、緑色はメロンソーダのイメージに分かれていて、この再現力が面白い!

断面を見ると、ソーダ部分の透明感が爽やかだ。この芸の細かさに思わずニヤリ。頬張ると、甘〜いメロンソーダの風味。

噛むとクリーム部分の弾力の後に、ぷるっと柔らかいソーダ部分という、食べ応えのある2つの食感だ。甘い中に酸味があり、どこかシュワっとしたソーダを感じる。

何だか懐かしい…子供の頃に父に連れて行ってもらったあの喫茶店の味のよう…思い出の味だ。

シュワっとしそうな薄いグリーンの見た目と、甘〜い味は小腹が空いた時にも大満足。1袋食べても125kcalで、軽めなのもまた嬉しい。

グミやキャンディーは、カバンにひとつあると嬉しいおやつだ。ナチュラルに持ち運んで楽しんでみて!

レトロ好きはもちろん、駄菓子のような楽しいおやつ好きにもおすすめ。以前第一弾「ミックスジュース」味をご紹介したが、レトロ可愛いパッケージで2つ並べて飾りたくなる…。コレクション好きにもおすすめなので、ぜひ揃えてみて!

これからどんなシリーズが展開するのか、目が離せない!

購入は全国の量販店、お土産取り扱い店、オンラインショップなどから可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック