焼肉のたれで麻婆豆腐!? 果物の甘さとコクがおいしい『とろりと甘い焼肉のたれ』で一品作ろう!

今日は麻婆豆腐にしよう! 使うのは…えっ!? 焼肉のたれ?

 

『とろりと甘い焼肉のたれ』は、ただ甘いだけではない! 8種類もの果物が使われており、そのフルーティーな甘さとコクが特徴だ。そんなおいしい焼肉のたれを使えば、いつものメニューも簡単に作れちゃう!?

 

九州醤油がベースのおいしい焼肉のたれ

株式会社フンドーダイ(熊本県熊本市)は、熊本No.1の老舗醤油メーカー。醤油はもちろんのこと、味噌やたれなども製造・販売している。

今回ご紹介するのは、九州醤油をベースに作られている『とろりと甘い焼肉のたれ』(390g・希望小売価格 税込378円)

果実のコクと旨みということで、そのおいしさの秘密は、実に8種類もの果物が使われている点にある。

さらに熊本県産の味噌、サラダ玉ねぎ、にんにく、生姜を使用。本社が熊本にあるということで、地元の食材を使っているところにも好感が持てる。

原材料を見てみよう。果物には、バナナ、マンゴー、パッションフルーツ、イチゴ、パパイヤ、プルーン、ピーチ、りんごが使われている。これは見るからに、砂糖の甘さだけに頼らないフルーティーな味わいが楽しめそうだ!

ワンタッチで開閉できるキャップなので、調理中でも片手で作業がしやすいので嬉しいポイントだ。
さっそく良い香りがしてきた…!

開栓後は要冷蔵

とろみのある濃厚なたれで、そのまま味見してみると、醤油と味噌のしっかりとしたコクと、フルーティーな甘さが感じられる。この旨みは肉汁と混ざり合うことで、さらにおいしさを引き立てくれること間違いなし! 甘口たれは子供にも食べやすく、焼肉はもちろんのこと、様々な料理にも活用できる。これ1本あるだけで、毎日献立に悩む主婦には強い味方だ。

 

ピリ辛が苦手なお子様向け! 甘口の麻婆豆腐を作ろう!

今回は『とろりと甘い焼肉のたれ』で麻婆豆腐を作ってみよう! 焼肉のたれはその名の通り「焼肉」でしか使用してこなかった記者。ピリ辛な大人味ではなく、辛さが苦手な子供にもおすすめな味わいに仕上げたい! 

 

用意した食材は、

  • 『とろりと甘い焼肉のたれ』
  • ひき肉
  • 木綿豆腐
  • ねぎ

ごま油を熱したフライパンで、みじん切りにしたねぎをしんなりするまで炒めていく。

ひき肉を加えて、火を通していこう。

ひき肉に火が通ったら、『とろりと甘い焼肉のたれ』を加える。甘いたれなので、少し多めに加えても大丈夫。塩辛くなったり、味が濃くなりすぎることはない。

豆腐を加えて、全体を煮込んでいき、最後に水溶き片栗粉を加えて全体にとろみをつけよう!

 

パパっと簡単アレンジ調理で甘口麻婆豆腐! 

辛くない麻婆豆腐の出来上がり! 『とろりと甘い焼肉のたれ』自体に、醤油、味噌、生姜などが入っているので、味付けはこれ1本でばっちりだ。

早速いただいてみると…間違いない美味しさ!
甘くていい香り、ひき肉もジューシーで旨みたっぷり。甘めなので子供向きではあるが、もちろん大人もおいしく頂ける。

 

いろんなおいしさが溶け込んでいるからこそ、様々な料理の味付けに!

大人味に変化させたければ、豆板醤や甜麵醬などの辛味調味料を加えて、味を変化させてみて。麻婆豆腐の素などがなくても、焼肉のたれを使えば味付けに迷わず、時短調理にもなる。在宅勤務中のお昼ごはんや夕飯など、パパっと作りたい時にもおすすめ。 豆腐を茄子に変えれば、麻婆茄子も簡単!

肉のおいしさを引き立ててくれる焼肉のたれは、様々なおいしさが溶け込んでいるから万能調味料のような役割も果たしてくれる。子供にも大人にも好かれる甘口の味わいだから、チャーハン、野菜炒め、から揚げ、焼うどんなど、毎日の調理にも幅広く活用してみて。国産原料が使われた『とろりと甘い焼肉のたれ』は、オンラインショップや量販店などで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック