7月5日はとりなんこつの日! 味のちぬや新商品、レンジで簡単『甘辛ダレのとりなんこつから揚げ』でおうち飲みを楽しく!

こリッ、じゅわ〜。甘じょっぱ辛い味に食欲増進!

 

お家飲みの機会が増え、自宅でのおつまみが楽しみになっている人も多いのでは。味のちぬやの新商品『甘辛ダレのとりなんこつから揚げ』は、居酒屋でも人気のメニューを甘辛にした、食欲もお酒もすすむ冷凍食品だ。これから暑くなり、お酒が美味しい季節! 食欲が増進するおつまみでお家飲みを楽しんでみた!

 

居酒屋でも人気のメニューがレンチンだけで自宅で手軽に

家庭用・業務用食品を手掛ける株式会社味のちぬや(香川県三豊市)は、コロッケ・メンチカツ・串カツなどを中心に、様々な食品を生み出している食品メーカーだ。食卓の人気おかず、コロッケやカツを日々安心して口にできるよう、全工場で食品安全マネジメントシステムの国際規格である「FSSC22000」の認証を取得している。

同社が新発売する『甘辛ダレのとりなんこつから揚げ』(90g・価格オープン・新発売)は、鶏ひざなんこつのから揚げを甘辛味に仕上げた一品だ。電子レンジで温めるだけで、鶏なんこつのから揚げが手軽に食べられる。

袋のまま温められるので、お皿を余分に汚さずに済む。家族でも一人暮らしでも、これはかなり嬉しい仕様。

一袋90g入りと、一人で食べ切れる量がちょうど良い。さっそく、お家飲みを開始!

 

7月5日が「とりなんこつの日」に認定!

様々な商品を開発している同社…なんと7月5日をとりなんこつの日として日本記念日協会に認定されたようだ! なぜ7月5日なのだろうと不思議に思う記者…あっ! 7が「なん」、5が「こつ」で「な・ん・こ・つ」か! と意外にもすぐ謎は解けた。これは分かりやすい。

 

せっかくなので「とりなんこつの日」までに同社の美味しすぎる新商品『甘辛ダレのとりなんこつから揚げ』を紹介したい。

 

甘めの濃い味と優しい辛さで、お酒にもご飯にも!

袋の角を一部分切り取り、そのまま電子レンジで温める。目安は、500Wで約1分間、600Wで約50秒。いい匂いが漂ってきた…!

衣がジュワジュワとしていて、美味しそう! 口に入れるとしっかりとした濃いタレの甘さに、後に残る辛さ。ピリ辛で身構えていたが、辛さが優しくて、次々食べやすい!

噛み締めると、コリっとした食感がある。これぞなんこつの美味さ。ジュッと広がる甘じょっぱさは、韓国料理のような濃い甘さがある。

これがまた、ビールの苦味と相性抜群グイグイとビールがすすむ。甘い・しょっぱい・やや辛い、ビールの苦味、このリズムだ。どんどん食べ進めて、気付けば完食。もう少し食べたいな、という頃合いで量も多すぎずちょうど良い。

ビールとも相性良いが、焼酎やサワーにもおすすめだ。これから暑い時期に人気の、甘くないレモン系のサワーと合わせると、スキッとした酸味がこってりとした衣をリセットして、どんどん食べられる。記者的には、ドライジンジャーや生姜系シロップで割ったサワーと合わせるのもおすすめ。スパイシーさと甘辛さがマッチ。エキゾチックな味わいに、どんどん箸もグラスもすすむ。

 

自宅で居酒屋気分を味わえる

鶏なんこつのから揚げは、なかなか自宅では作らないものの、無性に食べたくなることがある。『甘辛ダレのとりなんこつから揚げ』は袋のまま温めるだけで食べられるので、ストックしておくと便利! また甘辛いタレは、お酒だけではなくご飯もすすむ。野菜を添えれば、しっかりとおかず一品だ。ちょっとおつまみが欲しい時、忙しい時や疲れた時は、たまには楽してレンチンで、手軽に美味しいおかずを堪能してみて!

公式オンラインショップや楽天市場から可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック