おうち時間、たまにはお掃除してみない? ロングセラー商品『カネヨン』で気になる汚れを撃退しよう!

 

自宅で過ごす時間が増えると、自然とキッチンや食器などを使う頻度も増える。使い慣れたコップに付着したしつこい茶渋やコーヒー汚れ、生ごみ受け下の茶色い汚れなどを見つけてしまうと、つい見なかったフリをしたくなるものだ。そんな気になる汚れには、長年愛されてきたロングセラーの液体クレンザー『カネヨン』で撃退できるとか…! 実際におためしして、この機会にきれいなキッチンを取り戻したい!

 

ガンコ汚れを撃退するロングセラー商品! 液体クレンザー『カネヨン』

カネヨ石鹸株式会社(東京都荒川区)は、昭和8年の創業以来「安心の品質」を約束する技術の向上を目指しながら、トイレタリー分野や化粧品分野で家庭用および業務用製品を展開している。日本で最初に発売された液体クレンザー『カネヨン』(550g・希望小売価格 税込242円・発売中)は、昭和46年の発売以来、そのすぐれた洗浄力で人気のロングセラー商品だ。

粉末クレンザーを使いやすい液体タイプにした『カネヨン』は、天然の微粒子研磨材を使用している。研磨力と洗浄力の相乗効果で、液体洗剤だけでは落ちにくい油汚れやガンコな焦げ汚れなどをしっかり落としてくれるので、台所にひとつは置いておきたい必需品だろう。

550gとたっぷり容量でコスパもばっちり。たくさん入っているのに、容器は小さめの手であってもフィットするスリムサイズ。使いやすいダブルキャップもうれしい。

さわやかなミントも香るので、臭いが気になる場所にぴったり。使いたいときにパッと使うことができるので、いつでもきれいなキッチンを保つことができそうだ。

 

スリムボトルで扱いやすい! 汚れをしっかり吸着してくれるから、力使わずキレイが手に入る

『カネヨン』の容器は、スリムで持ちやすい。記者は女性の中でも割と手が小さいと言われるほうなのだが、片手で容器をきちんとつかむことができた。シンプルかつ懐かしさが感じられるパッケージもレトロかわいいので、さまざまなインテリアにも馴染みやすそうだ。

 

片手で容器を軽く握ると、すぐに液体が出てくる。強い力は必要ないので、もう片方の手でスポンジを持っていても簡単に扱うことができた。液体は出過ぎてしまうこともなかったので、「出し過ぎた!」なんてトラブルも少なそう。

質感は、クレンザーでありながら、液体洗剤とよく似ている。ほかの液体クレンザーと比較してみると、若干とろみが強いため、少量でもしっかり汚れを吸着してくれそうだ。

最近は家で仕事をすることが増え、コーヒーをよく飲むようになった

コーヒー汚れがびっしり!

今回は、日頃からコーヒーや紅茶を飲むために使用していたカップの汚れをとるのに使用してみよう!

カネヨンをマグカップに適量垂らす。

スポンジに付けて磨き洗いでもOKだ!

ゴシゴシ…

コップを普通に洗うのと同じ要領でスポンジを使って擦っていく。

落としづらい角の部分は少し念入りに。天然の微粒子研磨材のパワーがあるからか、強く擦らなくても頑固な汚れがしっかり落ちていく。

仕上がりはとってもピカピカ!

カップの中は、買ったばかりのときのように真っ白だ。薬剤っぽい匂いもなく、ミントの香りがほんの少し香ってくるので、洗ってすぐに使いたいときでも安心だ。急に来客があり、コップを使おうとしたら見事に茶渋汚れが……なんてときにも、大活躍してくれそう…!

 

簡単・気軽に使える『カネヨン』なら、水回り掃除のハードルが下がる!

カップだけでなく、キッチンの三角コーナー下についた頑固な茶色い汚れにも使ってみたところ、水回りはピカピカに。きれいになったキッチンで水仕事をすると、なんだか気持ちも晴れやかだ!

 

「クレンザーでお掃除」ってハードルが高い…なんて思っていたけれど、スリムボトルでキッチンにも常備しやすい『カネヨン』なら、「ちょっと汚れてきたな」と感じたとき、簡単・気軽に使えるのが魅力的。毎日のルーチンワークとして『カネヨン』を使った水回り掃除を取り入れるのもありかもしれない。

ただし、使うのに適した材質・適さない材質は必ずチェックしてから使おう。研磨剤入りのため、適している材質でも傷をつける可能性がある。使うときには目立たない場所で試してから使ってみて。

購入は、公式通販サイトや量販店にて。

 

公式サイトはこちら

記者

スザクカナト

さまざまなサイトで、ファッション・メイク・恋愛などの記事を執筆しているフリーライター。料理とお酒が大好き。特に日本酒をこよなく愛す。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック