電子レンジごはんで手軽に食物繊維『玄米ともち麦3割ごはん』が新登場!!

 

仕事に家事に毎日が忙しいと、どうしても栄養バランスが乱れがち。けれども本来は、忙しいからこそ、自分の健康としっかり向き合うべき…。そんな中、電子レンジで温めるだけで、簡単に食物繊維を摂取できる『玄米ともち麦3割ごはん』が新発売。栄養バランスばっちりの、新たなパックごはんを試してみた!

 

食物繊維たっぷり!安心安全の国産玄米&もち麦

株式会社日本アクセス(東京都品川区)が提案する「からだスマイルプロジェクト」は、健康的で美味しい食生活を楽しむことをコンセプトにした健康美食ブランド。

 

簡単に栄養バランスを整えることができる様々な商品が揃う中、今回新発売となったのが『玄米ともち麦3割ごはん』(150g・標準小売価格 税別180円・2021年3月1日発売)だ。

味わいの黄金バランスである7:3の割合で、国産玄米の「金のいぶき」「国産もち麦」を配合。毎日の食事で食べるものだから、やっぱり国産原料というのは安心できる。

この「金のいぶき」の凄さは、通常の玄米と比較して胚芽の大きさが約3倍ということ。

とくに『玄米ともち麦3割ごはん』1パックで摂取できる食物繊維は、健康増進を支援し続けてきた「からだスマイルプロジェクト」シリーズの中でも、もっとも多い7.5gも入っている。

 

毎日食べる“ごはん”で、手軽に栄養バランスを整えることができるのは、とても心強い。では、実際に食べてみよう!

 

“玄米=パサつく”は過去の話、もちもち食感に箸が止まらない!

『玄米ともち麦3割ごはん』の食べ方は、通常のレトルトパックごはんと同様。調理方法は少しだけパックのフタを開けて、電子レンジで約2分(500w・600w)温めればできあがり。(お湯で温める場合は15分加熱)

フタを開けた瞬間、いつも目にする玄米と比べて、「金のいぶき」の胚芽が大きいことがよくわかる。そして、黄金色のごはんからホッカホカの湯気が上がり、香りも良くこれは美味しそう!

一口食べてみると、もち麦特有のプチプチとした歯ごたえと、玄米の香りが一度に感じられて、贅沢な気分に。

通常、玄米というと白米よりもパサつく印象があるが、『玄米ともち麦3割ごはん』はパサパサどころか、もちもち食感。さすがは7:3の黄金比率!!

噛むほどに素材の味がしっかりと感じられて、おこわを食べているような感覚になる。そして、ごはんだけでもどんどん箸が進む…。

 

最近は、玄米などを選べる外食店も増えているが、家でこの美味しさが楽しめる。しかも、電子レンジで2分! という手軽さは、本当に助かる。

 

もちろん作り込まれた味ではないから、和食から洋食、中華まで、どんなおかずとも相性バッチリ。毎日食べても飽きが来ないから、いつもの食事に手軽に取り入れることができる。

 

「ごはんを炊き忘れた!」とピンチの時、「ごはんを炊くのすら面倒くさい…」とお疲れの時、子どもからの急な「お腹すいた」攻撃にあった時にも大活躍。

 

さらに、賞味期限は常温保存で8ヶ月と長期保存が可能で、非常食としての役割も果たしてくれるのもありがたい!

常備しておけば、からだも心もサポートしてくれる『玄米ともち麦3割ごはん』。購入は、全国のスーパーマーケットやドラッグストア、インターネットショッピングで絶賛発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック