燻製の香りと旨みがたまらない! 『鯖燻』と『牡蠣燻』でおうち時間をスペシャルに!

燻製好きなら一度は味わいたいこの味!

 

おうち時間をいつもよりスペシャルにするには、やはり美味しいものを味わうのが一番だ。そのまま食べても美味しいと『鯖燻』『牡蠣燻』を。プチ贅沢にその味わいを楽しんでみよう!

 

たしかな燻製技術で人々を魅了し続けるおいしさ

王子サーモン株式会社(東京都中央区)は、日本のスモークサーモンのパイオニア。そのおいしさの秘訣は手間ひまかけた長時間の燻煙にある。

その社名のように様々なサーモンの商品を扱っているが、今回ご紹介するのはサーモン以外の商品だ。スモークサーモンでの燻製技術を活かした鯖と牡蠣の燻製をご紹介しよう。

 

おうち呑みのお供に最高!

『鯖燻』(150g・希望小売価格 税込756円)は、脂乗りの良い「さば」を、王子サーモンならではの技術で「温燻」に仕上げたもの。余分な水分を落として、脂と旨みを残している。

燻製の方法には「熟燻」「温燻」「冷燻」の3種類があり、この『鯖燻』は「温燻」で30~60℃の煙で燻して作られている。

封を開けると、こんなに身がしっかりとした鯖が2枚入っている。

ふっくらした身は、箸を入れると簡単にほぐれるほど柔らかい。程よく塩がまわっていて、ソフトな燻製の香りがふわっと鼻に抜ける。この後からやってくる燻製ならではの旨みがたまらない…! 骨をとってあるので食べやすく、お弁当の一品にもおすすめだ。

500wの電子レンジで約30秒

そのまま食べてももちろん美味しいが、これはぜひ電子レンジで軽く温めて頂いてみてほしい。温めることで、より燻製の香りが芳醇になる。身も柔らかく、まるで燻製したてを味わっているような贅沢感が口に広がる…!

続いてご紹介する『牡蠣燻』(60g・希望小売価格 税込648円)は、瀬戸内海産の牡蠣を燻製したもの。

瀬戸内海産牡蠣の中でも、味にクセが無くまろやかなものを選んでいる。燻製前の前処理として蒸すことで、生に近い身の滑らかさを保っているのが特長だそう。

また、牡蠣の表面をグレープシードオイルでコーティングすることで、牡蠣本来の味を邪魔することなく、よりなめらかな口当たりを実現している。

こちらも軽く温めるとおいしさアップ!

大粒の牡蠣はふっくら柔らか。加熱処理がされているので生臭さは全くなく、牡蠣の旨みと燻製の風味がたまらない。生の牡蠣が苦手という人でも、これなら大丈夫かも…! 美味しい燻製があると、やはりワインなどのお酒と一緒に楽しみたくなる。

 

サラダやパスタにのせてもおいしい!

そのままシンプルに味わうのもいいけれど、アレンジも楽しんでみよう。まずは、ほぐした『鯖燻』をのせて。シンプルだけど豪華なサラダに。

フレッシュなリーフ類と一緒に頂くことで、爽やかさが加わる。パンにはさんで頂くのも美味しそうだ!

こちらは茹でたパスタに『牡蠣燻』をのせたもの。パスタには、軽くオリーブオイルをまわしかけておいた。

茹でたてのパスタと合わせることで、燻製の香りも広がる。牡蠣の燻製パスタがおうちで味わえるなんて嬉しい…!

 

燻製×トリュフの贅沢

そのままでも美味しい燻製のちょい足しにぜひ試してもらいたいのが「オリーブオイルトリュフ」(王子サーモン銀座店で発売中)だ。エキストラバージンオリーブにサマートリュフのスライスが入っており、これをかけるだけで贅沢感が増すこと間違いなし。

「燻製の風味×トリュフの香り」で、たまらない美味しさにグレードアップ。

おうちで過ごすからこそ、たまには贅沢感や高級感を堪能しよう。

『鯖燻』と『牡蠣燻』は、燻製が好きな人はもちろんのこと、鯖や牡蠣の美味しさをもっと楽しみたい人にもおすすめだ。そのままシンプルに食べたり、温めてみたり。トリュフ入りのオリーブオイルをかけてさらに贅沢な一品として味わうも良し!

もちろん、サラダやパスタにアレンジして、メインの料理へ変身させても良い。食べきりやすい分量がパックになっているので、家庭用だけでなくお土産としてもおすすめだ。

王子サーモン直営店をはじめ、公式オンラインショップ(冷凍発送)で購入できる。オンラインショップで購入するなら、まとめ買いがお得だ。

旨みをギュッと閉じ込めて、手間ひまかけて作られた燻製。こだわりの美味しさをお取り寄せしておうちで味わう。そんな贅沢な時間を楽しんでみて!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック