無駄をそぎ落としたプロテインバー『ストロングバー カカオブラック/ミルクホワイト』でストイックにたんばく質補給!

 

からだを作るために必要不可欠なプロテイン。でも砂糖など様々な成分が添加されたものが多いのも事実。これではたんぱく質は補えても、栄養過多で本末転倒になってしまう。『ストロングバー カカオブラック/ミルクホワイト』はそんな矛盾を解消した、たんぱく質とサポート成分のみで構成された無駄のないプロテインバーだ。

 

プロテイン20g配合。原材料はたったの8つなのにおいしくできたのはなぜ?

英語表記が多いが、国内製造

アスリートにとってプロテインはボディ作りのための重要な成分の1つ。最近では健康のためにプロテインを摂取する人も多くなり、様々なフレーバーなどが発売され選択肢が増えたのは純粋にうれしい。その一方でたんぱく質以外の成分を多く含む製品もあり、余分な栄養を摂取してしまうという問題が出てきた。

 

そうした悩みを解決すべく、開発されたのが株式会社ストロングハート(東京都港区)の『ストロングバー カカオブラック/ミルクホワイト』(60g・希望小売価格 税込抜410円・発売中)だ。余計なものを一切取り去り、たんぱく質とそれをサポートする最低限の成分だけで作られたアスリートのためのプロテインバーである。

プロテインは、ホエイとガゼインのミックス

使用している原材料は8つのみ。フレーバーはカカオブラックとミルクホワイトの2種類で、どちらもプロテイン20g、食物繊維10g、砂糖・人工甘味料0gとなっている。腸内環境を整える食物繊維がたっぷり入っているのもうれしいポイントだ。

 

だが、いくら原材料がシンプルでも美味しくなければ続けられないのが人の性。2つのプロテインバーの味を確かめてみよう。

 

『ストロングバー カカオブラック』

1本あたりのエネルギーは225.8kcal、糖質は9.8g

『ストロングバー カカオブラック』は、その名の通りほろ苦さが特徴の定番フレーバー。原材料は、加水分解ミルクプロテイン、食物繊維(イヌリン)、有機アガベシロップ、大豆パフ、バージンココナッツオイル、ココアパウダー、アーモンド、塩の8つを使用。先ほど紹介した通り、必要な成分と味付けのための最低限の構成となっている。

栄養成分は、エネルギー225.8kcal、たんぱく質22.5g、食物繊維10.7g、糖質9.8g。糖質が若干多めで血糖値が心配になる人もいるかもしれないが、およそ半分は血糖値の上がりにくい果糖が使われているのでその点は安心してほしい。

 

パッケージはマット調の黒色。60gでずっしりしているがサイズ感は市販のものとほとんど変わらない。持ち運びもしやすそうだ。

 

香りは良くも悪くも海外のお菓子をイメージさせる少しきつめな印象。特別カカオの香りはしない。

肝心の味はというと、アーモンドの風味漂うほんのりとした甘さが、甘ったるさはなく飲み物なしでも食べられるくらいの薄い味。ただし、ほろ苦さが特徴というには主張はなく、時々ふわっと感じる程度なのがもったいない。感覚的にはカカオ50%くらいのチョコと言ったところ。

 

気になったのは食感。しっとりと言えば聞こえはいいのだが、全体的に歯にくっつくようなキャラメル質となっている。あごも疲れるしこのねっとり感はあまりうれしくない。アーモンドのサクサク食感がおいしいだけに非常に惜しい。

その代わりと言っては何だが、食べ応えはばっちり。小腹を満たすのにぴったりなボリュームだからアスリートだけでなくダイエット目的にもおすすめだ。

 

商品ページはこちら

 

『ストロングバー ミルクホワイト』

1本あたりのエネルギーは230.1kcal、糖質は10.4g

続いては『ストロングバー ミルクホワイト』。有機ココナッツミルクの優しい甘さが特徴のプロテインバーだ。残念ながらホワイトチョコではない。原材料は、加水分解タンパク、食物繊維(イヌリン)、有機アガベシロップ、大豆パフ、ココナッツオイル、有機ココナッツパウダー、アーモンド、塩の8つ。『ストロングバー カカオブラック』と比較すると、ココナッツオイルと有機ココナッツパウダーが変わっている。

栄養成分は、エネルギー230.1kcal、たんぱく質21.7g、食物繊維10.4g、糖質10.4g。先ほどとほとんど同じなので、味の違いで食べ分ければよさそうだ。糖質についても、血糖値の上がりにくい果糖が使われている。

 

パッケージは色違いのホワイトではなくクリーム色。色が白い以外は香りや構成など特に変わりなし。

食感のキャラメル質やアーモンドのサクサク感も特に変わらず、純粋に味わいだけが違う。ココナッツのまろやかな味がしっかりと出ていて風味もかなり強めに感じられるから、味を楽しみたい人にはぴったり。記者もこちらの方が食べやすくて好みの味。

強めの味ではあるが濃すぎない優しい甘さなので、運動後の疲れた状態でも食べやすそう。ちなみに、プロテインには吸収の早いホエイと吸収の遅いガゼインのミックスプロテインを使用しているから、食べるのは運動前でも後でもOK。腹持ちや晩御飯とのバランスを考えながら食べられる便利な1本だ。

 

商品ページはこちら

 

必要な成分だけを摂取したい時にいつでも!

『ストロングバー カカオブラック/ミルクホワイト』は、余分な成分の入っていないシンプルなプロテインバー。あっさりながら飽きのこない味わいだから継続して続けられそうだ。水分なしでも食べやすいしっとり具合なので、場所を問わず食べられるのも魅力的。ただし、少し歯にくっつきやすいので耐えられそうかどうかは実際に食べて判断して欲しい。

 

全国のスーパー、コンビニほかで発売中。

 

あわせて読みたい:【かっこいい小腹退治】低GIで身体に優しいアメリカ生まれのナッツバー『BE-KIND(ビーカインド)』3種食べ比べ【ダイエット】

あわせて読みたい:【プロテインバー特集】コンビニですぐ買えるおすすめ5選! ダイエットやトレーニングのお供にぴったり

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック