【ホワイトチョコ】ひと箱で3つの味が楽しめる『ルック3(ホワイトラバーズ)』が楽しすぎる!【食べ比べ】

まさかホワイトチョコでアソートできる日がくるとは

 

冬の風物詩ともいうべき、ホワイトチョコ。チョコといえば黒〜茶色という常識がこの季節だけはひっくり返る、チョコといえば白派の人のハイシーズン。そして「ルック3(ホワイトラバーズ)」は3種の味を同時進行で味わえるのだから素晴らしい。

 

不遇なホワイトチョコファンにとっては白いチョコを味わえるだけでもうれしいのに3種同時進行だなんて、まさに至福!

1962年に「LOOKチョコレート」として歴史をスタートさせた老舗ロングセラーチョコブランド、不二家「ルック」シリーズ。その歴史の中で初となるホワイトチョコレートのアソートが不二家『ルック3(ホワイトラバーズ)』(43g/9枚入・希望小売価格 税込141円・発売中)である。


「全部白じゃん?」というホワイトチョコ意識の低い人は別にして、記者のようなホワイトチョコファンは、通常選択肢が少ないだけで、本当は黒系チョコのようにさまざまな種類の白いチョコレートを味わいたいと思っている。これは白チョコファンのおそらく総意。

 

よくわからないという人は、この『ルック3(ホワイトラバーズ)』で、ただ白いだけではないその魅力に目覚めて欲しいとも思う。それでは実際に3種類の味「フィアンティーヌ」「バニラ」「プレミアム」を確かめてみよう。


箱を開封すると金色のパッケージに3種類の名称があり、包装紙をカットすると、3カットずつ、切れ目違いで収まっていた。

「フィアンティーヌ」

サクサクとした食感が特徴のドライクレープ(フィアンティーヌ:薄く焼いたクレープ)と、ホワイトチョコレートの食感のハーモニーが楽しめる万人向けの仕上がり。じゃりじゃり感があるので、ホワイトチョコ慣れしていない人でもおいしく感じやすいと思う。

ただ記者のような深みにはまっている人間だと、少々さっぱりしすぎている気もする。甘さは強め。

 

「バニラ」

優しい香りのマダガスカル産バニラとホワイトチョコレートの甘い香りが楽しめる、本格派の白。高級感みなぎるバニラのアロマがホワイトチョコレートの表情に深みを与えてくれている。

クリーミーな食感が普通においしい。まさに王道の味。

 

「プレミアム」

プレミアムだけの滑らかでクリーミーな味わいのコクが特徴。口に入れてほんの数回噛んだだけで、途中からやわらかでシルキーな口どけが始まる。上品な香りとコクがあり、やはり一番おいしい。

 

この「プレミアム」はホワイトチョコファンも納得の仕上がり。甘さも他の2種類よりもわずかに控えめで、ミルキーな至福感は一番強い。

1箱当たり、エネルギー261kcall、炭水化物(糖質)21.2g。主な原材料は、ココアバター、全粉乳、ドライクレープなど

 

プロモーションのブランドキャラクターは「Snow Man」!

ホワイトチョコファンにとってレアな食べ比べを低コストで手軽に楽しめるのが『ルック3(ホワイトラバーズ)』。プロモーションのブランドキャラクターを「Snow Man」が務めているので女子の注目は心配ないと思うが、男性にも白チョコファンはいると思うので、そっちにも伝わって欲しい。


ちなみにこの食べ比べ可能なシリーズ最新作は「ルック(4つの苺食べくらべ)」(11/10発売)。白よりもストロベリーという人はそちらの方が気になるかも。

 

入手は、スーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【白チョコ派歓喜】セブンーイレブンなどで手に入るホワイトチョコ菓子『ラングドシャ ホワイトチョコ』&『ホワイトチョコ掛けラスク』【コンビニ菓子】

あわせて読みたい:レアワイン使用。ただものではないレーズンチョコ『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』

あわせて読みたい:『森永チョコレート ダースクリスプ(ミルク)/白いダースクリスプ』をセブンーイレブンで発見。ここだけの特別な食感を堪能してみた

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック