毎日の食事にフルーツを取り入れよう! ジャムより低糖度なコンポート『マテルネ 低糖度コンポート』で、おうち時間を美味しく、楽しく

 

日増しに暑くなるこの頃、おうちで楽しく手軽にフルーツを摂ってみてはいかがだろうか。今回は、ジャムより低糖度でフルーツ本来のおいしさを存分に味わえる『マテルネ 低糖度 コンポート 12種類をご紹介。 ストロベリー、マンゴー、カシスの3フレーバーを使って、実際にドリンクを作ってみた!

 

フルーツ加工130年以上の歴史を誇る「マテルネ」から、そのまま食べられる低糖度コンポートが登場!

日仏貿易株式会社(東京都千代田区)が販売する「マテルネ」は、1888年ベルギーで創業された、フルーツ加工のプロフェッショナル・メーカー。フルーツの品種・産地・特質を知り尽くしているからこそ、そのおいしさを最大限に生かした自然本来の味をコンポートにして各家庭に提供し続けている。

テーブルの上に並べられた『マテルネ 低糖度コンポート』全12種類

現在日本で発売されている『マテルネ 低糖度コンポート 12種類』(1瓶・希望小売価格 税抜470円編集部調べ・発売中)の糖度は約22~40度以下。一般的な低糖度ジャムの糖度が 40 度以上 55 度未満なので、比べてみるとかなり糖度が低いのが特徴。

しっかりした果実感、すっきり低糖度なコンポートは、そのままでもおいしく食べられるのが魅力のひとつとなっている。

※ブルーベリー・コンポートのみ税抜550円(編集部調べ)

『マテルネ 低糖度コンポート』のストロベリー、マンゴー、カシスの瓶

保存料・着色料不使用だから安心!

ヨーグルトやパンケーキ、アイスクリームにかける定番の使い方以外に、お料理のアクセントとして使ったり、料理の隠し味、ドリンク、お菓子作りに使ったりと、さまざまなシーンで幅広く使えるため手軽にフルーツを毎日のお食事の中に摂り入れることができるのだ。

 

そのまま食べるだけじゃない! こんなアレンジも!

ここからは、おすすめのアレンジ例をご紹介。

アップル・コンポートが添えられたステーキ

12種類の中で最も糖度の低い『りんご・コンポート』は、ステーキやグリル料理などの肉料理と合わせるのがおすすめ。

フルーツに含まれる酵素がお肉をしっとり、やわらかく仕上げてくれるうれしい効果も期待できる。ステーキの味がいつも同じになってしまうという人に、ぜび試してほしい!

オレンジ・コンポートがかかったかき氷

オレンジピールのほろ苦さが引き立つ『オレンジ・コンポート』は、シンプルにかき氷にかけるのがおすすめ。

とろっとしたジャムの中に歯ごたえのあるオレンジピールがたっぷりで、まさに最近トレンドの“スイーツ風”かき氷といったたたずまい。これからの季節におすすめの一品だ。

 

公式サイトでは、マテルネのコンポートを使ったおすすめレシピを掲載中なのでチェックしてみて!

 

暑い日にゴクゴク飲みたい! 実際に3つのコンポートを使っておうちドリンクを作ってみた

器に出したストロベリー、マンゴー、カシスのコンポート

それでは、さっそく3種類のコンポートを使って、暑い季節に飲みたくなる「イタリアンソーダ風」を作ってみよう!

今回使用するのは、ソーダ割におすすめのストロベリー、マンゴー、カシスの3フレーバー。

『マテルネ 低糖度 ストロベリー・コンポートの瓶

『ストロベリー・コンポート』は、いちごの甘い香りと種のつぶつぶ食感が楽しめる。

すっきりとした甘さで、アイスクリームやヨーグルトなどの乳製品との相性が良い。実際に食べてみると、思ったほど甘すぎず、生のいちご特有の酸味もしっかり感じられた。

『マテルネ 低糖度 マンゴー・コンポート』の瓶

『マテルネ 低糖度 マンゴー・コンポート』は、濃厚でコクのあるマンゴーを果肉ごとコンポートに仕上げた、贅沢なひと品。フルーツ本来の甘さが味わえるので、ヨーグルトやパンにかけるのがおすすめ。

実際に食べてみると、なめらかなマンゴーピューレがとにかく濃厚! 完熟したマンゴーをギュッと凝縮したような、贅沢な味わいだ。

『マテルネ 低糖度 カシス・コンポート』の瓶

『マテルネ 低糖度 カシス・コンポート』は、カシスのつぶつぶ感とみずみずしい甘酸っぱさが魅力の逸品。

日本では黒すぐりと呼ばれており、ヨーロッパではジャム、タルト、リキュールなどに使うことが多く、昔からなじみのあるフルーツなのだとか。

カシス・コンポートをスプーンですくう様子

果肉たっぷり!

スプーンですくってみると、つややかなジャムの中にゴロっと大きめの果肉がお目見え。フルーツ本来の食感もしっかり残っていて、完熟したフルーツのようなずっしり感のある見た目だ。

 

実際に食べてみると、はじめは甘いのに、後味がミントのようにすっきりとしていてびっくり! 皮や種も入っているから果実丸ごと入っているのがわかり、少量でも食べ応えは十分だった。

 

さっそく作ってみよう!

テーブルに並んだカシス・コンポートの「イタリアンソーダ風」の材料

必要な材料は、お好みのコンポート大さじ3杯、炭酸水150~200cc、氷の3つだけ。

お好みで薄切りにしたレモンやミントの葉を飾ると、見た目が華やかに仕上がるのでおすすめ。

マドラーでカシス・コンポートと炭酸水を混ぜ合わせる様子

作り方はとっても簡単。

まず、適当な容器にコンポートと炭酸水を入れ、スプーンでよくかき混ぜる。

氷を入れたメイソンジャーにカシスイタリアンソーダを注ぎれる様子

続いて、氷を入れたグラスに注ぎ入れよう。

カシスのイタリアンソーダが入ったメイソンジャーにレモンスライスを入れる様子

仕上げにレモンスライスとミントの葉を飾ったら…

グラスにもこだわればよりおしゃれに!

目にも涼やかなカシス・コンポートの「イタリアンソーダ風」が完成!

テーブルに並んだマンゴーソーダ、ストロベリーソーダ、カシスソーダ

ひと口飲んでみると、炭酸水のシュワシュワ感と甘酸っぱいカシスの味わいが爽快!

カシスの果肉がプチプチと弾け、いつまでも食べ飽きないおいしさだ。糖度40%の割には甘すぎず、暑い季節にゴクゴク飲みたくなる爽やかな味わいだった。

そのほか、マンゴー・コンポート、ストロベリー・コンポートを使ったバージョンも実食!

マンゴーのイタリアンソーダ風は、濃厚かつコクがあり、大人も子供もハマる味。ストロベリーは、生のいちごをギュッとつぶしたようなフレッシュな甘酸っぱさが楽しめる1杯。

 

ジャムのようなまったりとした甘さはほとんどなく、想像以上にすっきりとした甘さだった。

 

お菓子にも、料理にも! マテルネの低糖度コンポートは公式オンラインショップにて発売中

『マテルネ 低糖度コンポート 』は、ジャムほど甘すぎず、フルーツ本来の自然な甘さが楽しめる贅沢なコンポート。

「フルーツが好きだけど、この時期はすぐに腐らせてしまう…」「フルーツ加工品は、甘すぎるのがちょっと苦手…」という人は、ぜひ一度試してみて。

ずらっと並んだ『マテルネ 低糖度 コンポート』と完成したカシスソーダ

長期保存(未開封の場合)できる使い勝手の良さと、生のフルーツのようなフレッシュな味わいの虜になってしまうはず。糖度の低い商品のため、使用中にカビが生えることがあるから、開封後は必ず冷蔵庫で保存し、清潔なスプーン等を用いて早めに食べきってほしい。

保存に適した蓋は真空キャップのため、開封時に空気が入ると「ポン」という音がする。握りやすい三角瓶は、マテルネの特徴の一つだ。

 

『マテルネ 低糖度コンポート』は、輸入食品販売店・一部スーパー、日仏貿易公式オンラインショップなどから購入可能。

公式サイトはこちら

記者

きたやま あさみ

20代女性。主婦ライター。小学生の頃から趣味だったお菓子作りの経験を活かし、現在はレシピ記事も多数執筆中。インド・スイスの帰国子女。

この記者の記事一覧

photo by きたやまあさみ/official images

トラックバック