和菓子の新しい魅力!『和菓子?洋菓子?いえいえ!和スイーツなんです!』

 

和菓子といえばお茶と一緒にいただく落ち着きあるもの、ご年配の方に好まれるもの……というイメージを持っている方も少なくない。しかし、昨今ではさまざまなアレンジを加えて見た目も洋菓子のようになった「和スイーツ」が、若者を中心に人気を集めている。今回はプレシアが展開している『和菓子?洋菓子?いえいえ!和スイーツなんです!』のトレンドスイーツの数々をご紹介していこう!

 

スイーツ感覚でアレンジされた和菓子たち!和洋のいいとこ取り!

まず紹介するのは、プレシアの『ざくざくチョコ大福』(価格 税抜150円)。和菓子のスイーツ化にはいくつかのトレンドがあるが、こちらはおなじみの和菓子に洋の素材を組み合わせて華やかさと新食感を演出したもの。

チョコクランチがまぶされており、コロンとしたキュートな見た目に!

チョコ好きなら一度は手に取ってみたいはずだ。

通常の大福ならばこしあんや粒あんが入っている中身も、たっぷりのチョコホイップが。食べてみると、ザクザクとしたチョコクランチの食感と中身のチョコホイップが、それぞれの口当たりで優しく広がっていく。

 

さらに大福のもちもち感も加わって、新感覚の味わいとなっている。チョコ好きにも大福好きにもおすすめだ。

続いては洋菓子の代表格「ロールケーキ」に和の要素が加わった『もちもち黒蜜きな粉ろうる』(価格 税抜380円)だ。きな粉スポンジで、きな粉ホイップと黒蜜ソースが巻かれている。色合いもシックで大人っぽい一品だ。

4切れに初めから分けられているのも、ありがたいポイント。お茶会でもちょっとした贅沢を一人で楽しむ際も、すぐにいただける。

ひと口食べてみると、非常にクリーミーでまろやかな味わい。スポンジもホイップもふわふわで至福のひと時を味わえる。黒蜜もいいアクセントになっているので、お茶だけでなくストレートティーやコーヒーにも合う。

続いては、白玉、粒あん、クリームという和洋の素材が組み合わさった『たっぷりクリーム白玉ぜんざい』(価格 税抜210円)

チルドならではの組み合わせとなっており、クリーム好きにも白玉好きにもたまらない見た目だ。

中には粒あんがはいっており、一緒に食べることでくどくなくまろやかな味わいに。クリームはたっぷりなので、クリームと白玉のみの組み合わせて食べても美味しい!

和菓子の新しい食べ方の提案も、1つのトレンドだ。『とろけるさくら餅』(価格 税抜230円)は、北海道産小豆の粒あんに、とろける食感の桜餅を重ねて練乳ホイップを加えたもの。

手で持って食べる桜餅が、プリンのようにスプーンで食べられるようにアレンジされている。

桜餅ならではの甘酸っぱい味が口の中に広がったと思いきや、とろけていく感覚!

これは確かに新感覚だ。小豆と練乳ホイップとの相性もバッチリで、絶妙なバランスとなっている。

最後は『とろけるわらび餅』(価格 税抜210円)

スプーンで食べるわらび餅だが、絶対に欠かせないきな粉と黒蜜も付いている。

わらび餅といえば、餅の上のきな粉に黒蜜をかける瞬間、きな粉の香ばしい香りと甘い黒蜜の香りが混ざり合う瞬間が醍醐味だ。

たっぷりのきな粉と黒蜜をまぶしていただく。濃密な甘さはそのままに、餅がとろけていく! ダイレクトにきな粉と黒蜜の旨味を感じられるのがポイントだ。新食感で新感覚の「和スイーツ」と呼べるだろう。

和菓子の新しい楽しみ方として、スイーツ好きにもぜひチェックしてほしい『和菓子?洋菓子?いえいえ!和スイーツなんです!』がテーマのラインナップ。日本人はもちろん、外国の方にもぜひ味わってほしい!

 

全国のスーパー(一部除外あり)などで購入可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック