『しみチョココーン』から練乳いちご風味が登場!爽やかな甘さがやみつきに

サクッと爽やかな甘さ!

 

人気スナック菓子『しみチョココーン』から、夏限定の味が登場した。暑い季節を意識して作られた『しみチョココーン 練乳いちご風味』を検証する。

 

ナチュラル寄りのいちご風味で爽やか!夏限定『しみチョココーン』

サクサクした軽いスナック生地にたっぷりのチョコレートがしみこんだギンビスの『しみチョココーン』は、コンビニやスーパーで人気の定番スナック菓子。5月末に発売された夏限定の『しみチョココーン 練乳いちご風味』(55g・希望小売価格 税抜120円・発売中※2018年8月末まで)は、パッケージのかき氷が涼しげで、夏をイメージさせる。

いちご果汁0.6%使用

スナックは、星型で白味がかったピンク色。糖度の高さで人気がある「とちおとめ」のいちご果汁粉末を使用しており、よく見ると、パウダー状になった赤いいちごがスナックの表面についている。

チョコレートがたっぷり含まれたスナックがサクサクと軽い食感

食感はサクっとエアリーで軽い。口にいれた瞬間はコーンとホワイトチョコの風味が感じられ、その直後、いちごの香りとほのかな酸味が口の中に広がる。『しみチョココーン』と比べると、ややスッキリとした甘さで後味も爽やか。1粒1粒が軽く、クセのない甘さなのでついつい手が伸びてしまう。

『しみチョココーン』は、メーカーであるギンビス独自の「含浸製法」によって、コーンスナックにたっぷりチョコが浸みこんでいるのに、サクサクとした食感という絶妙なバランスが成り立っているという。

冷蔵庫でしばらく冷やすと、かみごたえがアップする感じ

パッケージには「冷やして食べてもおいしい」と書いてあったので、冷蔵庫で2時間程度冷やしてみたが、甘味がさらに爽やかに感じられ、暑い夏でも1人で1袋あっという間に食べ切れそうな軽さ。個人の好みによるだろうが、記者としては暑い日には冷やして食べた方が合っているように思う。

『しみチョココーン 練乳いちご風味』には、1袋あたり110mgのカルシウムが含まれており、合成着色料は不使用。添加物が最小限に抑えてあるのが嬉しい。大人はもちろん、子どものおやつにもぴったりだろう。

ちなみに気になるカロリーは325kcalと、スナック菓子の平均的なレベル。

 

チョコが手につきにくいので、オフィスでのおやつタイムにいちご好きな同僚に勧めたら喜ばれそうだ。8月末までの販売で、スーパーやコンビニエンスストアで入手可能。期間限定なので、気に入ったら夏の間にまとめ買いしておくことをおすすめする。

 

公式サイト:しみチョココーン 練乳いちご風味

記者

清見 なみ

フィットネスや美容の記事を数多く執筆しているライター。小学生の頃からドラッグストアコスメが大好きで、偏愛歴は長い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック