これは“羊の皮を被った狼”か?!外見は缶コーヒー。実は・・・アサヒ飲料『ワンダ パワーブレンドコーヒー』

初に見たとき、普通の缶コーヒーだと思った。しかしそれは大きな勘違いだった。というのも、よくよく見ると、「アルギニン300mg」配合と書いてある。「これは何だ?」と、もう一度缶の表を見ると、やはり「Asahiコーヒー」」と書いてある。商品名は『ワンダ パワーブレンド』。そして小さな字で、「目覚めのコーヒーエナジー」とある。ひょっとして・・、なるほど・・・。

1

アルギニンは、天然アミノ酸の1つで、疲労回復や健康増進に効く成分として知られている。なので、サプリメントや健康食品あるいは、いわゆるエナジードリンクなどに含まれている成分だ。それが、300mg含まれているという『ワンダ パワーブレンド』は、これは間違いなく、“缶コーヒーの皮を被ったエナジードリンク”だ。

2

もともとコーヒーには、ご存じのようにカフェインが含まれている。だからこそ、眠気覚ましに缶コーヒーを飲む人は多い。しかし眠気覚ましをしたい時は、同時に「活力が欲しい」時。そういう意味で、缶コーヒーとエナジードリンクは、同じ目的を持った飲料だともいえる。

3

そこで、缶コーヒーとエナジードリンクがドッキング。アサヒ飲料では、これを「新しい価値の提案」と呼んでいる。昨今、販売を伸ばしているエナジードリンクと、缶コーヒー「ワンダ」の出会いは、新しいエナジードリンクのあり方として、注目に値する。ちなみに、配合成分のアルギニン300mgもカフェイン230mgも、エナジードリンクとしてもトップクラスのもの。味は、99%コーヒーで、エナジードリンク臭さは、ほとんど感じない。これが250mlで税別190円という価格で買えるのは嬉しい。10月8日から全国販売開始。記者はこれからは、気合いを入れた仕事の初めに、この1本を飲んでみたいと思った次第である。

 

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック