カテゴリ「おすすめ」の記事:599

【本日発売】自然派なのにエナドリ! 『サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー』を飲んだ

 

体に良いものを飲みたいという人々の渇きを満たしてきた定番ミネラルウォーターブランド「サントリー南アルプスの天然水」が、同時にエネルギーを欲したら一体どうすればいいのか。『サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー』は自然を基本としながらもパワーを与えてくれるナチュラル系エナドリ。飲んでその新現象を確認する!

続きを読む

女性にうれしい癒し効果アリ!? 沖縄の風感じる糖類ゼロ茶『宮古島ハイビスカスティー』

 

何かとストレスの多い現代社会。そんな中、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社がリフレッシュ効果があると注目したのが“香り”だ。とはいえ、ハイビスカスの香りや味ってどんなだっただろうか? 実際に『宮古島ハイビスカスティー』を飲んで確かめてみた。

続きを読む

激辛は激辛でも唐辛子でもコショーでもない黄色い戦慄。鼻奥直撃の『ペヤング からしMAXソースやきそば』を食べた!

 

夏場なので激辛は自然とブームになり、近年注目を浴びているのがシビれる花椒(ホアジャオ)系だと思っていたら、ペヤングは焼売や冷やし中華、納豆などでおなじみのからしに着目。なかなか世間にないからし系激辛の『ペヤング からしMAXソースやきそば』を誕生させた。 続きを読む

服の中に風が通って涼しいウェラブルファン『持たないUSB充電式扇風機 腰ベルトファン』の機能を確認!

 

 

猛暑の年となった2018年。異常ともいうべき酷暑は日々容赦がない。このまま普通に考えると残暑もまた厳しそうで、外回りが仕事のビジネスパーソンにはたまったものではない。そこでベルトに装着することによって外出時でも手ぶらのまま服の中に風を送れる『持たないUSB充電式扇風機 腰ベルトファン』。ブームの携帯扇風機よりも快適なその理由は? 続きを読む

なぜ裂かなくてはならないのか、さらになぜ長くなければならないのか、いろいろな疑問をはらんだ『なが~いさけるグミ メロン』!

 

弾力のある食感で人気のグミ化し、そこに投下された「さけるグミ」は縦に刻みを入れてさけるチーズのように楽しむように進化して、賛否両論を巻き起こした。ただ友だちとシェアして食べるのには結構良いそうだ。そして今回は長さを全長40cmまで引き延ばす進化。どこへ向かうのか気になりながら、『なが~いさけるグミ メロン』を食べてみた。 続きを読む

カオスなスープ…。『世界のKitchenから とろけるカオスープ』は一体なんの味!?

 

平日のお昼はありきたりなもので済ませてしまいがち。でも物足りない…そんな女性をターゲットにした新ジャンル「デリ飲料」が登場! キリン『世界のKitchenから とろけるカオスープ』は一体どんな味? 実際に飲んでみた! 続きを読む

高機能焙煎機を擁する海老名工場を始動させてたどり着いた『ボス サントリーコーヒーロースタリーズ ブラック/微糖』の旨さを体感!

 

コーヒーの味わいを決めるのは、豆の選定と焙煎の加減、ドリップ方法。中でも焙煎は非常に奥が深く、過ぎれば焦げるし、足りなければ旨味の抽出など不可能だ。そこで“働く人の相棒コーヒー”がたどり着いた結論は、サントリーコーヒーロースタリー(株)海老名工場の始動だった。そうして生まれた『ボス サントリーコーヒーロースタリーズ ブラック/微糖』を飲んでみよう。 続きを読む

激スッパの向こうにフルーティーさがあふれる『キリン 氷結 300%レモン』を体験!

 

そのストレート果汁由来の爽快な酸っぱさでレモンというフルーツの美味しさを堪能できて人気の「氷結® シチリア産レモン」。ひょっとしてまだまだ酸味が足りないぞと言った人がいたのだろう。『キリン 氷結® 300%レモン』はそれ比3倍のレモン果汁濃度。唾液腺を大いに刺激される期間限定の一品を、さあ、飲んでみよう。 続きを読む

ホッと香る紅茶に癒される! 森永×キリンのコラボ第9弾は『午後の紅茶<ストレートティークッキー><ミルクティーケーキ><レモンティーサンドクッキー>』!

 

今年もこの季節がやってきた! 森永製菓とキリンビバレッジ「午後の紅茶」のコラボは今年で9回目。毎年ワクワクして待っている人も多いかと思うが、今年は『午後の紅茶<ストレートティークッキー><ミルクティーケーキ><レモンティーサンドクッキー>』が登場。「午後の紅茶」との相性は果たして!?

続きを読む

【本日発売】銚子電鉄が経営不振脱出の秘策は『まずい棒』! 起死回生スナックを食べてみた

 

“銚電”こと銚子電鉄(銚子電気鉄道)は千葉県内全長6.4kmを走るノスタルジックな電車。2006年の経営危機ではネットの掲示板をきっかけに話題となり、支援のための同社が発売する「ぬれ煎餅」購入の支援が集まり、危機を脱したが、乗降客の減少には歯止めがかからず、今度こそ”ヤバい”のだとか。その起死回生のための秘策が『まずい棒』…。とりあえず食べてみたい! 続きを読む