家飲みにおすすめ! 『日本のさば ゆず胡椒風味』で作る、お酒にも合う簡単パスタメニュー

さば缶で家飲みメニューにぴったりなアレンジレシピをご紹介!

 

おうち時間を過ごす中での楽しみのひとつ「家飲み」。好きなお酒と食事を用意して乾杯するなら、何を作る? パパッと簡単においしいものを食べたい時に便利なのがさば缶。そこで、今回は『日本のさば ゆず胡椒風味』を使って、お酒にぴったりな簡単パスタを作ってみよう。

 

国産さばを使用した缶詰!

水産会社として創業した株式会社宝幸(東京都品川区)が手掛けるさば缶「日本のさば」シリーズは、国内で水揚げされたさばを使用。『日本のさば ゆず胡椒風味』(190g・オープン価格・発売中)は、さわやかな辛みが特徴の九州産ゆず胡椒を使用している。

鮮度をはじめとした各検査項目をクリアした国産のさばのみを買い付けており、青森県八戸市の自社工場で製造しているこだわりよう。

過去10年間の国内出荷数は1億2千万缶以上。缶に詰めたさばは高温でじっくり加熱され、骨までやわらかく仕上がっている。

缶詰は密閉して加圧加熱殺菌するので、栄養素が損なわれにくいと言う。そのため、魚の栄養素であるDHA・EPAが詰まっているのだ。

リングを引き上げて開けられるので缶切りが不要で嬉しい。

器に出してみると、ゴロンと大きく肉厚なさばが出てきた。缶詰ということで身が小ぶりだったり、崩れていたりするかと思ったから想像以上だ。

もちろん、このまま食べても美味しい。ゆず胡椒の風味がピリッと利いている。さばのうまみを活かしたうえで、味がしっかりついているからお酒との相性もぴったりだ。

日本酒を飲みながらこのまま食べるのも良いが、ビールやチューハイはもちろんのこと、意外と赤ワインとの組み合わせも良い。

 

さば缶を使ってお酒に合う簡単パスタを作ろう!

そんなさば缶を使って時短料理に挑戦!

今回は、「さばとキャベツのペペロンチーノ」を作ってみよう。味のついているさば缶を使うから、味付けにも迷うことなく手軽にできる。

  • 日本のさば ゆず胡椒風味 1缶
  • キャベツ 100g
  • にんにく 1カケ
  • しそ 2~3枚
  • 唐辛子 1/2本分
  • 塩こしょう 適量
  • オリーブオイル 適量
  • パスタ 1~2人分

まずは、たっぷりのお湯でパスタを茹でる。パスタのゆで時間と調理は同時進行ですすめていこう。ちなみにパスタは9分ゆでのものを使っている。

レシピは記者オリジナル

フライパンに、オリーブオイルとスライスしたにんにくを入れてから、火にかけてにんにくの香りを出す。

そこに、ざく切りにしたキャベツを加えて、炒める。

さば缶を汁ごと投入。汁にもうまみが凝縮されているため活用しよう。

パスタのゆで汁をお玉1杯分加えて、さばをほぐしながら炒めていく。ここで唐辛子を加え、塩こしょうで味を整える。

ゆであがったパスタを加えて、全体をよく混ぜ合わせる。

最後にきざんだシソをのせて、「さばとキャベツのペペロンチーノ」の出来上がり!

ここまでの調理時間は約10分。

味付けは塩こしょうのみとシンプルながらも、ゆず胡椒風味のさば缶の旨みがたっぷり感じられる一皿に。

ニンニクのいい香りが食をそそり、キャベツのザクザク感もたまらない。

ゆず胡椒と赤唐辛子のピリッと感で、ビールやレモンサワーなどのお酒が進む。

さば缶ひとつで、簡単にしっかりメイン級のメニューができた。意外かもしれないがワインとの相性も良いので、ぜひ試してほしい。

ビール、ワイン、レモンサワー、日本酒、あなたならどんなお酒と一緒に味わってみたい? 

 

アレンジをして、ペアリングを楽しんで

「日本のさば」シリーズには「ゆず胡椒風味」の他に、シンプルな「水煮」、「味噌煮」、しょうゆだれで味付けした「味付」、「梅じそ風味」がある。そのまま食べても、アレンジしても美味しく頂ける万能なさば缶。いろいろな味をそろえておけば、その日の気分で家飲みが楽しめる!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや写真、料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック