野菜・果実・豆乳の栄養を一気に摂れる!『野菜生活Soy+まろやかプレーン/ ベリー・プルーンMix』

 

しっかり毎日摂らないとと思いつつも、不足しがちになってしまう野菜。そんな現代人の強い味方となるカゴメ「野菜生活100」のラインナップに、『野菜生活Soy+まろやかプレーン』『野菜生活 Soy+ ベリー・プルーンMix』が加わった。野菜だけでなく豆乳も同時に摂れるという優れものを、さっそく両方いただいてみることに!

 

大事なことはわかっている野菜類。他にもいろいろまとめて摂れるなら楽ちんだ!

カゴメの『野菜生活Soy+まろやかプレーン』(330ml紙パック・店頭想定価格 税抜170円前後・2020年2月25日)は、「野菜生活100」ブランドの新商品。果実・野菜・大豆がミックスされているのが最大の特徴だ。コレスレロールはゼロで、砂糖と甘味料も無添加となっている。

記者は豆乳の口当たりがちょっと苦手なのだが、忙しい仕事の合間にコンビニなどでお弁当を買う際は「野菜生活100」をよくお供にしている。『野菜生活Soy+まろやかプレーン』は、おからまで丸ごと使用した大豆に果実と野菜をブレンドしているため、豆乳独特の風味もなくすっきりといただけるとのこと。

植物性たんぱく質6gに食物繊維とイソフラボンも摂取可能。美容と健康を気にする女性に必要な要素を、毎日気軽に摂ることができる。もちろん、男性でもOKだ。

カゴメの『野菜生活 Soy+ ベリー・プルーンMix』(内容量 330ml・店頭想定価格 税抜170円前後・2020年2月25日)は、商品名通りベリー・プルーンを加えてよりフルーティーな甘さとなっている。

 

ちなみに、キャップ付きの容器なので一気に飲まなくても持ち運びできるのが地味に便利。食後にデスクに置いて、ゆっくりと飲みながら午後の仕事をする際にもピッタリだ。

こちらは植物性たんぱく質は5gとなるが、鉄分を摂取できる。好みの味わいで決めるもよし、摂りたい栄養素で選ぶのもよしだ。

それでは実際に飲んでみることに。コップに注いでみると、野菜ジュースというよりはチャイのような色合い。ひと口いただくと、しっかりとりんごやパインアップル、レモンなどのフルーティさがあって飲みやすかった。口当たりはあっさりしているので、グイグイといける。

「ソイプラス」という商品名の印象から、なんだかんだ豆乳のような口当たりを連想していたが、実際「野菜生活100」に近かったので、豆乳が苦手……という方でも試してみてほしい。

続いて『野菜生活 Soy+ ベリー・プルーンMix』もいただいてみる。こちらはベリーの分、ややオレンジがかっている色合い。

味わいにもしっかりとベリーの風味がでており、その分コク深いと感じる。少し甘口なので、甘党の記者的には『野菜生活 Soy+ ベリー・プルーンMix』の方が好みだった。

毎日の食習慣を簡単に彩れる『野菜生活Soy+まろやかプレーン』と『野菜生活 Soy+ ベリー・プルーンMix』。体調管理や身体のケアが今まで以上に大事になる時期なので、ぜひ意識的に取り入れたい。

 

全国のスーパーやコンビニで購入可能なので、いつもの買い物にプラスしていこう!

あわせて読みたい:お茶+豆乳!? 『豆乳飲料 花香ウーロンティ』と『同 ほうじ茶』を味わってみた!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック