遊び心を貼り付ける“のり”の良さ! 可愛くてかけすぎ注意な『フエキのりふりかけ』で思わずニヤリ

思わず笑顔になる関西企業のさすがのコラボ商品

 

くりんとしたお目々に、黄色いフェイス。赤いつば付き帽子をかぶった、フエキくんをご存知だろうか。名は知らずとも、子供の頃に見たことはあるかもしれない。赤い帽子を外せば、とうもろこしでんぷん100%の「フエキでんぷんのり」が詰まっている。工作などでおなじみの文房具だが、今回新発売された『フエキのりふりかけ』に詰まっているのは、のりはのりでものり玉子だ。先行販売でも完売したという注目のアイテムをレポートしてみたい!

 

ノリが良い『フエキのりふりかけ』

発売する株式会社ヘソプロダクション(大阪市福島区)は、”なるへそ”がある文具のコトづくりproductをコンセプトに「へそ文-HESOBUN-」ブランドを立ち上げ、有名文房具メーカーとコラボした、雑貨と菓子の融合である「雑・菓(ざっか)」を企画開発している。

右からレギュラーサイズ、ミニサイズ

『フエキのりふりかけ』(レギュラーサイズ60g・希望小売価格 税抜780円/ミニサイズ20g・希望小売価格 税抜600円・2019年10月上旬発売)は、強力な初期粘着性、すぐれた塗布性を誇る高品質な「フエキどうぶつ糊」とコラボしたのり玉子味のふりかけだ。

黄色いフェイスと赤い帽子がトレードマーク

黄色い顔のキュートなフエキくんの容器でお馴染みの「フエキどうぶつ糊」は、大阪府にある不易糊工業株式会社が1975年に発売して以来、その安全性と可愛いキャラクターで愛され続けているロングセラー商品だ。そのフエキくんが、二つの大阪企業が出会ったことでふりかけになり新登場し、話題になっている。

 

“のり”の良い商品『フエキのりふりかけ』は、2019年8月に開催された、日本最大級の文具と紙製品の見本市「文紙 MESSE 2019」で先行販売されるや、イベントの終了を待たずして完売したそうだ。
両方コレクションしたくなる!

 

使い終わっても使えるサイズは2パターン!

それではさっそく開けてみよう!

『フエキのりふりかけ』レギュラーサイズは、箱に入っている。出した姿は工作で使ったこともある、あの糊そのもの。

手のひらいっぱいに収まるサイズ

フタになっている赤い帽子を押し上げると、そこには糊ではなく、のり玉子ふりかけが!

まさか口が貼り付かないよね?笑

中にのり玉子ふりかけに埋もれている、小さなスプーンを発見。

人気の定番ふりかけ、のり玉子

付属のスプーンですくってまずはそのまま口に入れると…。当たり前だが、味はのり玉子ふりかけ! この当たり前なことが面白い。

食卓に置くと、それだけで笑顔になりそう!

次にごはんにかけてみる。この工程だけでも、なんだか楽しい。ふりかけをかけるだけなのに、ワクワクする。一口食べてみると、馴染みのあるのり玉子ふりかけの味。可愛いくて楽しいので、ついかけすぎてしまいそうだ。ご飯が進んで、食の細い子供には良さそうだが、大食らいの記者には食べすぎ注意!

おもちゃのよう!とことん遊び心を刺激する

次に『フエキのりふりかけ』ミニサイズ。もうすでに遊び心が満載で、ガチャのカプセルに入っている。

持ち運びにも良さそうなミニサイズ

カプセルを開けると、手のひらサイズのフエキくんが!

蓋の帽子を開けると、二重に蓋があり、ふりかけやすいように穴がある。逆さまにしてふりかけると、シャカシャカと楽しい。こぼれにくいので、お弁当に持って行けそうだ。

可愛い!食育にも良さそう!

子供のお弁当に持たせると、楽しく食べてくれそうだ。もちろん大人の遊び心にも良い。ランチタイムに思わずニヤッとできる、愉快なアイテムだ。

食べ切ったら小物入れなどにも使える!

大人もノリノリになれる『フエキのりふりかけ』の入手は、関西を中心に全国の土産店舗やバラエティショップなどで可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック