柿の種の概念を変えたNEWスタイル!『56g 亀田の柿の種 タネザック』のザクザク食感がクセになる!

「亀田の柿の種」ブランド初の試み

 

「亀田の柿の種」といえばおつまみの定番商品でお馴染み。だが今回新発売となる『56g 亀田の柿の種 タネザック』はお菓子として食べてほしい若者をターゲットにした新スタイル。CMにはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」で桜内梨子役を演じる逢田梨香子を起用するなど、これまでとは一味違うことが伺える。「亀田の柿の種」の新時代の幕開けだ!

 

味も風味も柿の種。違うのは見た目と容器と食感。これを美味しいと思えるのが若者かも?

柿の種には基本的にピーナッツが入っている。だがその割合は好みが分かれるところ。ピーナッツなんて要らない派までいるほどだ。そんな全国の柿の種ファンに衝撃の新商品が登場した。

中身も容器も新しい試みで、攻める亀田製菓!

 

今回、亀田製菓より発売された新商品『56g 亀田の柿の種 タネザック』(56g・参考小売価格 税抜138円・2018年9月24日発売)のCMに起用されたのはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」で桜内梨子役を演じる逢田梨香子。

軽快なリズムと歌に合わせてキュートに頬張る逢田は、家でよく柿の種を食べるとか。

これまで数多くの派生商品を世に送り出してきた亀田製菓だが、今回はいつもとは訳が違う。柿の種の概念そのものを変えたと言ってもいい。

あわせて読みたい:シリーズNO.1のピリ辛!『亀田の柿の種辛さ5倍』は期間限定で発売中!ファンの声に応えすぎる亀田製菓の本気

 商品説明によれば、”砕いた柿の種とピーナッツを一口サイズに固めた新食感!”とのこと。つまり、これまで柿の種とピーナッツを別々に食べていたのを1粒で同時に食べられるようになったというわけ。固めたことで食感も大きく変化しているようだ。

カロリーは257kcal。重量比で見ればレギュラー商品とほぼ同じ。

もう一つのポイントは容器の変更。これまでの袋タイプはどうしてもおつまみとしての印象が強かったが、ターゲットを若者にしたことで持ち運びやシェアしやすいカップスタイル容器となった。

ユニークなバーコードはあの人気商品をインスパイア?

大きさはちょいと摘まみやすい直径2cmほどの半球。

ひょいと口に放り込むと、かなりしっかりとした硬さ。力を入れつつ口を動かすとザクザクッと心地よい音が広がる。静かな場所で食べるとかなり響きそうだ。

味は普段口にする柿の種とピーナッツを同時に食べたまんま。柿の種のピリッとした辛さとピーナッツの薄い塩の効いたまろやかな風味を同時に味わえる。

だがやはり気になるのは食感。ザクザクッとした噛みごたえは新商品としては全く問題ない。しかし柿の種だと思って食べるとあまりの違いにう~んと感じるかもしれない。

この商品は柿の種の新しいスタイルだと十分に理解したうえで食べるのをおすすめする。それくらい食感が占める割合が大きい。

ピリ辛×ピーナッツなのでおつまみとしても十分に通用する味わい。

 

全国のコンビニほかで発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック