カードを開くと樹木が飛び出し、花びらが散る!? 『WAO!POP ひとひらシリーズ 3Dカード もみじ・さくら・いちょう』

ただならぬ思いをカードに込めたいなら!

 

その年の優れた文具に贈られる、日本最大級の文具アワード「日本文具大賞(通称:ISOT/イソッット)」。第27回を迎えた今年、デザイン部門で見事優秀賞に輝いた商品が『WAO!POP ひとひらシリーズ 3Dカード もみじ・さくら・いちょう』だ。普通のカードとは何が違うのか?

 

開いたら目にも鮮やかな花びら&葉っぱがヒラヒラと舞う! ギフトを華やかに盛り上げるとっておきの3Dカード

一見、普通のカードだけれど…

昨年秋に株式会社小西印刷所(兵庫県西宮市)から誕生した「WAO!POP」ブランドより今回発売されるのが『ひとひらシリーズ 3Dカード もみじ・さくら・いちょう』(希望小売価格 各 税抜1,200円・2018年9月発売)

左の袋に入っている花びらがミソ

カードの中を見る前に、まずは表紙に注目。切り絵で木が描かれており、これがとても繊細。開けるとカード本体の他に、カードを入れる専用の封筒と茶色い袋が入っている。この袋の中に別添えで花びらが入っている。

まずは「さくら」から。花びらをセットしない状態でカードを開いてみたが、満開の桜の部分はもちろん、木の幹のちょっとゴツゴツした感じまで出された丁寧な作りとなっている。

 

桜の花が咲き誇った箇所が全て1つの紙で繋がっているのも圧巻。立体感のある木や花を360度どこからでも楽しむことができる。花の中心にあるめしべの部分までしっかり表現されていて細やかだ。しかし、このままの状態で贈るとなると、どこか味気ない印象。ここで、花びらを投入!

花びらがパラパラと

 

花びらはそれほど多く入ってはいなかった。カードを半分開いた状態で木の隙間に付属の花びらを入れるが、結構コツがいるかも。初っ端、花びらを入れて開いてみると、すでにカード部分に花びらが落ちてしまっていて、「桜散り始め」状態になってしまった……。

知らずに開けると相当びっくりするはず

 

再びチャレンジし、次は桜の花の上部に花びらを入れ込むように心がけた。木の真上くらいに花びらを入れて、一気にパッとカードを開くときれいにハラハラと桜が舞う。

もみじは、これからの季節にピッタリで、ヒラヒラした葉っぱが切なげだ。贈られた方も、まさかこんな風に動きのあるカードだとは思わないだろうから、貰って嬉しさも2倍になりそう。ただ、葉っぱの数が少なめなので、もう少し多めに入っていればより豪華さが増したかもしれない。

贈る方は先に花びらや葉っぱをカードの中のオーナメント内に事前にセットするのを忘れないようにしよう。セットせずそのままの状態で贈ってしまうと、せっかくのこのカードの持ち味が台無しになってしまうので念入りに。

「いちょう」のカードの表紙はシックな紺色で、男性に贈ると喜ばれそう。鮮やかな黄色の木に、カードの中で一足先に秋を感じられる。

ここでも葉っぱは一気に投入せず、時間をかけて丁寧に入れよう。先ほどのもみじよりも、葉っぱの数が多く感じるが気のせいだろうか? いちょうの葉っぱの下に付いている枝の部分は1ミリほどの細さ! 細やかな技術が成せる技だ。

自分だけで楽しむのはもったいないので、やはり贈り物として渡すのがベスト。言葉では表現できない思いを、情緒たっぷりのカードに託して贈ってみてはどうだろう。

 

9月下旬より全国の東急ハンズやロフト等で販売中だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック