複数の写真フレームを簡単にドッキング!スクエア型フレーム『フォトビット』

式会社フォースメディア(東京・品川区)から、簡単にドッキングできるスクエア型のフォトフレーム『フォトビット』が発売された。従来のフォトフレームは、スタンドアロンの形式が多かったが、これはそうした規制概念を打ち破った商品だ。

IMG_0695

特徴は、付属のクリップを差し込むだけでフレームをドッキングすることができ、壁や部屋の雰囲気にあわせてコーディネートできる点。

IMG_0705

壁への取り付け作業も簡単で、クギ一本で留まる。また、クギが使えない場所については、製品に付属の両面テープを使って取り付けることもできる。もちろん、一般的なフォトフレームと同じように机や棚の上に飾ることも可能。

IMG_0746

一人でも水平にとりつけられるように小さい水平器が付属しているのも気配りを感じる。

場所を選ばないシンプルなデザインの『フォトビット』は、飾りたい場所の雰囲気にあわせて、自分のセンスで簡単にコーディネートができてしまう。

IMG_0751

階段のある場所なら傾斜状に連続してコネクトしてもよいし、部屋の天井が高いのなら上に上昇する龍のようにあしらってもいい。

IMG_0753

家のインテリアに使うにもよし。喫茶店や飲食店の店内でメニューなどを貼ってもよいし、研究学会の資料写真の掲示などにも使えそうだ。

IMG_0758

使う人のセンスでいかようにも変化できる『フォトビット』。デジタルフォトフレームとちがってアナログの温かみがあるのもいい。色はブラックとホワイトの2種類。オープン価格だが、3980円前後で販売されている。

IMG_0683

クリエイティブなマインドのある人にはオススメの雑貨だ。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中原 宏実

中原 宏実

40代男性。在京大手メディアのビジネスライター。良質の雑貨や文具は日々の生活を豊かにし、仕事のクオリティ向上にもつながると信じている。

この記者の記事一覧

トラックバック