激辛を超えた『EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン』はアナタを完全ノックアウトする!

ーパーカップなどを発売するエースコックより、挑戦的な辛口ラーメンが姿を現した。それは『EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン』以前もご紹介した、驚き&やりすぎをテーマとするエースコック『EDGE』シリーズの3品目である。


002

当サイトでは「次は‟青のり入れすぎた件”だろう」と予想していたが、ふたたび激辛をリリースしてきたエースコック。果たしてどのくらい辛いのか。記者も挑戦してみることにした。

開封してまず驚くのが、スパイスの量。大き目の袋にずっしりと入っている。
005
さすが鬼辛! 液体スープの袋より大きいではないか。若干の恐怖を感じながら、かやく入り粉末スープとお湯を入れた。
006
3分経ったら液体スープを入れる。黒い醤油と背油たっぷりの豚骨スープが入っているが、この豚骨スープがかなり骨太。2〜3回混ぜただけでは溶けてくれないので、お箸でしっかりかき混ぜよう。
007
そして仕上げのスパイスである。「まだあるのか」と弱音をはきたくなるほど、唐辛子が出てくる出てくる出てくる出てくる……。全てを入れると、唐辛子チョモランマの完成だ。
009

邪悪な赤色をまとったラーメンを恐る恐るすする。大量の唐辛子スパイスが麺に付着しており、これはたいへん危険だ! 既に1口目からKO寸前である。
しかし、辛さに慣れてくると、これが快感に変わってくるからたまらない。濃厚な豚骨醤油と史上最重量スパイスのコラボは絶品で、ものの数分で完食できる。食中はアドレナリンがドバドバ出るような感覚に陥ってしまった。
011

残る強敵はスープである。
010
スープはアツアツのため、麺よりも数倍辛く感じられる。具材のキャベツやネギで口内の休憩をしないと、とても最後まで飲み干せそうにない。汗ダクダクになりながら、なんとかカップの底を見ることができた。
スープを飲む際に注意してほしいのは、一気に飲まないこと。喉に唐辛子が付着すると、悶絶するような辛さに苦しむことになる。決して飲み込まず、少しずつ喉に流しこんでほしい。

あまりの辛さで、翌日のお腹の具合が心配になる『EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン』は、200円+税で発売中。
我こそは辛党という人はぜひ挑戦してほしい。
012

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック