超極細0.2mm芯なのに書いてて折れないシャープペン!ぺんてる『ORENZ(オレンズ)』で美しいノート作りを

0.2mmのシャープペンシルって、ちょっと聞いたことがない!実は以前、文具大好きの記者は、0.3mmのシャープペンシンルを使っていて、芯が折れたり、紙に刺さったりで、極細芯には、いい思い出がないのだ。

ところが、ぺんてる(東京・中央区)の『ORENZ(オレンズ)』は、その名のとおり、0.2mmという超・極細芯なのに、芯が“折れず”に、しかも書き味が滑らか。これなら、細くて小さな字を書くのに重宝しそうである。というわけで、さっそく使ってみた。

catch2

まず、どうして0.2mmという超・極細なのに、芯が折れないのか。その理由は、芯のまわりをサポートするパイプから、芯を出さないで書く仕組みにある。

芯はパイプから出さないので、パイプに守られて折れない。芯が減っていくと、パイプも芯と一緒に短くなっていく。やがてパイプが短くなってかけなくなったら、1回だけノックをする。そうすると再び、パイプと芯が一緒に長くなって、しばらく書き続けられるようになるのだ。

1

しかも、これだけ細いのに、書き味はとても滑らかである。これも秘密はパイプにある。

パイプの先端が、滑らかに加工されているため、芯と一緒になって紙の上を動くときに、紙にひっかからないのである。

これだけ繊細なパイプなので、書くときはいいが、持ち運ぶときに、パイプごと折ってしまわないか、ちょっと心配である。

2

ペン軸は、細身で、ゴテゴテしたグリップなど一切なし。超・極細の芯を使っているシャープペンであることを見た目にも感じさせる、シンプルで細いペン本体が美しい。

 

http://youtu.be/oV7Z7WwkluU

 

ぺんてるが作った商品プロモーションビデオ(PV)を見ると、このシャープペンシルのターゲットは、ほぼ中高大学生あたり限定だと言ってもいいように思える。

細かい数式や、文字をノートにびっしりと、しかも美しく書く。そんな「美しいノート作りのために誕生したシャープペンシル」だと、PVでも何度も宣伝している。

しかし、細かい文字を書くのは、学生の専売特許ではない。このシャープペンシルは女性に似合うので、小さな手帳を使う女性には、便利な筆記具になるかもしれない。

3

色は、スカイブルー、ピンク、イエロー、ブラック、ホワイトの5色。1月27日の発売で、1本税別500円となっている。

0.2mmの芯は、やはりぺんてるで人気のシュタインシリーズから同時に発売されている。

4

今回、「おためし新商品ナビ」では、この『ORENZ(オレンズ)』(ブラック)を1名様にプレゼント。興味あるかたは、記事下の応募フォームから応募して欲しい。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 未使用の新品、5色を5名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック