食べやすい一口サイズにオタフクソースのうま味!『元祖たこやき亭 まろやかソース味』

本で初めて『元祖たこやき亭』が誕生したのは、1981年のこと。それから実に32年経った今年、食感からターゲット層まで、すべて見直して、新しい『元祖たこやき亭』が誕生した。ジャパンフリトレーから、8月5日に全国発売開始。さてさて、一体どんな風に生まれ変わったのやら。

3

封を切ると、まず「おやっ」と感じるのは、その大きさ。“たこやき”の一つひとつが、子供の一口サイズ。ちょうどビー玉くらいの大きさなのだ。ターゲットを大人から子供までと定めただけあって、これなら子供でも、サクサクッと一口で食べられる。

2

味の決め手は、何よりもオタフクソースを使用したこと。野菜や果実を使ったまろやかなオタフクソースの味は、たこ焼きやお好み焼きには欠かせないもの。その粉末を使い、思いっきりまろやかな味わいを演出。パッケージに、可愛らしいたこ焼きのキャラクターを描き、新『元祖たこやき亭』の完成である。

1

さっそく食べてみると、お馴染み!オタフクソースの味が、口の中にパアーッと広がり、口当たりは軽くてサクサク。これはついつい、エンドレスに食べれてしまうのだった。ひと袋はすぐに完食。価格は、58g入りで税込105円。子供のおやつから、大人のおつまみまで。生まれ変わった新『元祖たこやき亭』を、あなたもどうぞ。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック