ごろごろ野菜の和風ポトフをおいしい『濃醇だし』で作ろう!

 

手軽に本格的な味わいを。だしの旨味がギュッと詰め込まれた『濃醇だし』は、枕崎産かつお荒節と道南産天然真昆布を水に一晩じっくり漬け込んで作られたもの。上品なこのおいしさは洋風メニューの調理にもおすすめ。今回は寒い季節に食べたくなる、ごろごろ野菜の和風ポトフを作ってみよう。

 

鰹節屋が作る自信作! 水出しで抽出されたおいしいだし

伏高(東京都)は、築地に店を構える乾物の専門メーカー。職人が丁寧に時間をかけて仕上げたこだわりの鰹節が人気。昆布や煮干しなど、その他にも様々な「だし」を取り扱っている。

伏高の人気商品『濃醇だし』(200ml・希望小売価格 税込1,620円・発売中)

沸騰させたお湯の中に材料を入れてだしを取るのが一般的だが、こちらは水に一晩じっくり漬け込んで水出しで抽出したもの。抽出しただしに必要最低限の加熱をし、必要最小限の五島の海塩を加えて瓶詰めをしている。

原材料を見ても分かるこのシンプルさ。使われているのは、枕崎産かつお荒節、道南産天然真昆布、海塩のみ。砂糖、醤油、みりんなども入っておらず、化学調味料はもとより酵母エキス、アミノ酸、たんぱく加水分解物などの化学的に生成した旨味原料は一切使用していない。

澄んだ琥珀色をした『濃醇だし』。このまま味見してみると、上品でまろやかな旨みが口の中に広がる。

希釈率は15倍(本品1:水14)が基本だが、料理や好みに合わせてお好みで調節しよう。だしの旨味だけで勝負しているので、調理に使いやすく様々なアレンジも楽しめる。

 

洋風メニューにだしの味わいを!

※レシピは記者オリジナル

寒い日に、カラダの温まる野菜たっぷりのポトフ。ブイヨンやコンソメを使った洋風の味わいに仕上げることが多いが、今回は『濃醇だし』で和風テイストに仕上げてみよう。

 

用意した材料は、

  • 濃醇だし 50ml
  • きゃべつ 1/4カット
  • じゃがいも 2個
  • にんじん 1本
  • 玉ねぎ 中1個
  • ブロッコリー 1/8本
  • ベーコンブロック 180g
  • 岩塩 適量

鍋に、きゃべつ、玉ねぎ、にんじん、ベーコンと水500mlを加えて火にかける。

煮崩れ防止のためにじゃがいもは最後に加えて。ブロッコリーも最後に加えることで色鮮やかに。

全体に火が通り、具材が柔らかくなったら濃醇だしを加える。別茹でしておいたじゃがいも、ブロッコリーを最後に加えて、岩塩で味を整える。

 

ゴロゴロ野菜の和風ポトフ

ごろっと存在感のある野菜たっぷりの和風ポトフのできあがり。味付けは『濃醇だし』と岩塩のみ。野菜の甘みとともにまろやかなだしのおいしさが引き立つ。

『濃醇だし』に塩は含まれているが必要最小限の量で作られているので、味わいがしっかりとした料理に使う場合は、お好みで塩を加えた方が味が引き締まる。

和風だしと様々な旨味が溶け出したスープが絶品。ベーコンの塩気なども加わり、和洋折衷なおいしさで、だしの旨みがカラダにやさしい。あれこれ迷うことなく、これ1本で味付けが決まる点も使いやすい。

かつお節と昆布の旨味は、ポトフやリゾットなど洋風メニューにも相性抜群!

シチューやトマト煮込みなどの隠し味に『濃醇だし』を加えるのもおすすめ。

今回ご紹介した『濃醇だし』は公式オンラインショップAmazonにて発売中。

 

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック