カロリー&糖類ゼロ! 2つの機能性表示食品にリニューアルした『はちみつバーモントドリンク』の味わいをたしかめてみた

 

2018年に発売した『はちみつバーモントドリンク』が、カロリー&糖類ゼロになってリニューアル! すっきりとしたお酢ドリンクだから夏の水分補給にもぴったりな味わいだ。しかも、お酢飲料として日本初(※1)の2つの機能性表示食品にもなったという。新しくなったその味わいをたしかめてみよう。

(※1)消費者庁の機能性表示食品データベースにおいて、酢酸を機能性関与成分とする高めの血圧を下げる機能、肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能の届出が受理されている清涼飲料水として日本で初

 

「血圧が高めの方の血圧を下げる機能」と「肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能」の2つの機能性表示食品

山田養蜂場(岡山県)は、「ひとりの人の心身の健康をまもる」という理念のもと、はちみつローヤルゼリー、プロポリスなど、ミツバチの持つ力を研究し私たちの健康をサポートしている。その領域はサプリメント食品だけでなく、ドリンクやスイーツなど幅広いジャンルにまで広がっている。

2018年に発売された『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本入り・通常価格 税込3,888円・発売中)は、アメリカ・バーモント州の民間療法として知られる「りんご酢」と「はちみつ」を摂取する「バーモント健康法」をヒントに作られたドリンク。

同社では、クセのあるお酢を飲みやすくするために完熟はちみつを使った独自の「ハチミツ酢」を開発。りんご果汁を発酵させた「りんご酢」と一緒に使うことで、刺激のある酢の味わいをマイルドに仕上げ、さわやかな風味が楽しめるようにした。

今回のリニューアルでは、血糖値やカロリーが気になるユーザーの声に応え、ゼロカロリー・糖類ゼロへと変更。植物由来の甘味料として従来の「エリスリトール」とハーブの一種である「ステビア」を使用することで、おいしさはそのままにゼロカロリー・糖類ゼロを実現した。

さらに、2022年4月には、「血圧が高めの方の血圧を下げる機能」と「肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能」をもつ、日本初(※1)の2つの機能性をもつお酢ドリンクとして認定された。

(※1)消費者庁の機能性表示食品データベースにおいて、酢酸を機能性関与成分とする高めの血圧を下げる機能、肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能の届出が受理されている清涼飲料水として日本で初

 

『はちみつバーモントドリンク』を飲んでみた

パッケージは、はちみつの甘さを感じさせる黄色のパッケージ。りんごの赤がアクセントになっていてよく目立つ。ストロー付きなので、いつでもどこでも飲めるのも嬉しいポイント。

ストローを刺して香りを確認。すっぱい匂いがするが、ほんの少し。ツーンとくるような刺激はなく、りんごの果汁感もあってさわやか。

チュ〜っと吸ってみると、これがかなりマイルド。りんごはちみつ味というのにぴったりな甘さとりんごの風味を楽しめる味わいだ。清涼感があって口の中がさっぱりとするから、夏にぴったりというのにも納得。

お酢特有の刺激もなく、とても飲みやすいので、お酢は好きだけど刺激控えめなのがいいという人に取り入れやすい。

 

また、ゼロカロリーだから摂取カロリーが気になっている人も、罪悪感なく飲むことができる。

機能性表示食品というと味は二の次というイメージがあるかもしれない。しかし『はちみつバーモントドリンク』は、飲み物として楽しめるおいしさ。この味で2つの機能とゼロカロリー・糖類ゼロというから驚かされる。この夏は、お酢ドリンクをお供に過ごしてみるのはいかがだろうか。

 

同社オンラインショップほかで発売中。

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック