【オーガニック】美味しく手軽に栄養プラス! 『ホットケーキにまぜる本日のきなこ』でホットケーキを作ってみよう!

ホットケーキのためのオーガニックきな粉

 

おやつや朝ごはん、ランチにもぴったりのホットケーキ! いつものホットケーキに美味しさと栄養をプラスする『ホットケーキにまぜる本日のきなこ』が新発売。混ぜるだけで簡単に香ばしい和風スイーツが完成だ。アレンジ自在で栄養たっぷり! 毎日食べたくなるきな粉で、ホットケーキを作ってみよう!

 

きな粉の栄養素をまるごと取れる

株式会社純正食品マルシマ(広島県尾道市)は、オーガニック食品や自然食品などの製造販売を手掛けるメーカーだ。「安心」で「おいしい」を追求したお菓子や麺など、様々な食品を手掛けている。

そんな同社が新発売する『ホットケーキにまぜる本日のきなこ』(75g・販売価格 税込259円・発売中)は、北海道産有機大豆を使った有機JAS認証の”きな粉”。

ホットケーキに合うように、大豆を皮ごと使ったきな粉を深煎り焙煎し、風味をしっかり感じられるように工夫されている。

きな粉に含まれる大豆プロテイン、食物繊維、鉄、カルシウムなどを、手軽にまるごと美味しく食べちゃおう、という商品なのだ。

 

専用きな粉でホットケーキを作ってみた

パッケージは、植物由来の原料を含んだバイオマスフィルム、バイオマスインクを使用し、同社の方針である「持続可能な社会の実現に貢献する」ことに取り組んでいる。

段差付きの開け口は、ネイルを気にされる女性や子どもでも開けやすい。

きな粉は、明るい大豆色のさらっとした粉末。そのまま口に入れてみると、きな粉の自然な香ばしさで優しい味わい。

 

用意するものは、ホットケーキミックス、卵、牛乳、『ホットケーキにまぜる本日のきなこ』。

分量は目安

  • ホットケーキミックス 150g
  • きな粉(好みで調整) 大さじ3
  • 卵 2個
  • 牛乳 80㎖

ホットケーキミックスときな粉、卵と牛乳をボウルに入れ混ぜる。

きな粉を入れると、ちょっぴり濃い色に。

最近流行りの分厚いホットケーキにしたいので、型を使って焼いていこう。フライパンを熱し、弱火でフツフツと穴があいてくるまで焼き、ひっくり返して両面を焼いていく。

好みで粉糖をかけて、出来上がり。香ばしくていい匂い!

ふわふわのホットケーキにきな粉の香ばしい風味がしっかり感じられる。好みで分量を調整してみても良さそう!

このままでも香ばしくて美味しいが、小豆や黒蜜を自由にトッピングすると…

この時期に美味しい、和風ホットケーキの完成! 黒蜜の甘さとパンケーキのきな粉が香ばしくマッチして、市販のホットケーキミックスでもカフェみたいな味になった。上品な風味で、ペロリと食べられる。

粉糖で飾っても良いが、黒糖入りの姉妹品『ヨーグルトにかける本日のきなこ』を振ればよりきな粉を楽しめる!

 

ちょい足しデザート『ヨーグルトにかける本日のきなこ』も販売中

上記で紹介した通り、シリーズには国産の有機大豆と有機黒糖を使った『ヨーグルトにかける本日のきなこ』(75g・販売価格 税込248円・発売中)もある。こちらは、ヨーグルトにかけるだけで栄養と美味しさをプラスし、いつものヨーグルトがちょっとしたデザートに早変わり!

黒糖が混ざっているが、見た目にはそれ程違いを感じない。口に入れるとほんのり甘くて香ばしく、色々トッピングできそうだ。ヨーグルトにそのままかけると、優しい甘さと香ばしさで風味がアップ! 加えて栄養もプラスできる。

シリーズどちらも様々なメニューに使いやすい。子どもと一緒に作ってトッピングを楽しんでも、お菓子の材料に入れてみても、手軽に朝食に取り入れてみたり…好みに合わせて試してみて!

 

公式オンラインショップ、全国のオーガニックショップなどで販売中。

公式サイトはこちら

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック