健康と美容を維持したい! SNSで話題の『サジーワンオーガニック』を飲んでみた!

 

「なんとなく体がだるく疲れやすい」「健康や若々しさを維持したい」「貧血っぽいのが気になる」と感じたことはないだろうか。今SNSなどで美と健康をサポートすると注目を浴びているサジージュース『サジーワン オーガニック』をためしてみた! サジーの味や飲み方などを紹介しよう。

 

毎日の健康管理をサポートする奇跡のスーパーフルーツ「サジー」

株式会社キュリラ(福岡県福岡市)はサジージュースをはじめとするサプリメントや石鹸などの通信販売事業をおこなう会社。

今回紹介するのは、SNSで話題となっている「サジー」を使用した有機JAS認定の100%サジーピューレジュース『サジーワン オーガニック』(900ml・税込 4,094円・発売中)

 

サジーとは、約7000万年前から砂漠など植物に適さない過酷な環境にひっそり自生するグミ科の植物。

辺りの草が枯れるほど乾燥した環境やマイナス40度の真冬でもオレンジ色の小さな実をつけるほどの生命力を持つそうだ。

 

鮮やかなオレンジ色の果皮には「抗酸化成分」が豊富に含まれていて、サジーから抽出した種子オイルや果実オイルには不飽和脂肪酸が含まれている。さらにビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など200種類以上もの栄養が含まれており、

鉄分補給をサポートするビタミンA、C、Eも豊富に含まれているので、貧血に悩む女性にもおすすめ。

サジーは世界中に6種類12亜種もあるそうだが、この『サジーワン オーガニック』は、特に栄養価の高い内モンゴルの蛮漢山(ばんかんさん)に自生する希少品種のビコアサジーを使用している。

日本サジー協会の製品基準をクリアし、認証マークが記載されている。

また、甘味料やカフェインなども含まれておらず、サジーの栄養価をそのまま味わえるピューレタイプのドリンクだ。

 

全身に栄養が行き渡るような濃厚さ、フルーツジュースとの相性抜群!

記者も初体験の「サジー」。まずはストレートで味わってみた。

1日あたり30ml〜60mlが目安量だ。

天然の原料を使用しているので果汁成分が沈殿、浮遊していることがあるため、瓶をよく振ってから取り出そう。

見た目は濃厚なオレンジ色で、言葉に表すのが難しいが少し独特な香りがする。

飲んだ瞬間にふわっと香りとクッと来る酸味を感じるが、しばらくすると香りも酸味も気にならなくなったので少しずつなら飲めそうと感じた。

濃厚なのでストレートだと酸味が強すぎて飲みにくい、香りが気になると感じる人も多いかもしれない。

そういう場合は、オレンジジュースや野菜ジュース、リンゴジュースで割るのもおすすめということで、サジー30mlとリンゴジュース150mlで割って飲んでみた。

リンゴジュースにサジーを入れ、よく混ぜてから飲もう。

実際に飲んでみたところ、リンゴジュースの甘みによって、サジーの香りや酸味が一気にやわらいだ。

野菜ジュースやフルーツジュースに近い味わいになりとても飲みやすく、さっぱりした喉越しになる。

香りや酸味ストレートで飲める場合はそのままでも良いが、ジュースと割るとさわやかになるので割って飲む方がおすすめかも。

記者は起床後にジュースと割り、サジーの栄養を補給したり、デスクワークなどで疲れた時に補給するようにしていると、なんとなく疲れがダラダラ長引かない気がする。

ストレートで飲んだ後の後味が気になる場合は、お口直しに他のジュースやお水を飲むと緩和されるので自分好みの飲み方や組み合わせを見つけるのも良いかも。

 

健康や美容を維持したい、疲労感を感じる時にも取り入れてみて

記者も最近サジードリンクをよく見かけることが多かったものの、正直「健康に良いの?」「どう良いのだろう」と思っていたが、こんなにも栄養価が高く、抗酸化作用の高いスーパーフルーツということは初めて知った。

実際にサジーを飲んでみて、記者は元々酸味に強いタイプなのでストレートでも飲めた。酸味が苦手な人はジュースと割った方が酸味がやわらいで飲みやすくなると感じた。

 

貧血に悩む人や健康的な体を維持したい、酸化やストレスに負けない若々しさを維持したいと感じている人におすすめのドリンクだと感じたので、気になる人はぜひこの機会にチェックしてみて。

商品の購入は、サジーワンオンラインショップから。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

寒川あゆみ

美容に関すること、新商品、食や旅行が好き。大阪 谷町九丁目にて、エステティックサロンprivate salon Laule’aを主宰。施術のほか美容家として活動中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック