ギョーザなのにカロリー・糖質半分!? ダイエッターに超オススメな『マッスルギョーザ(レギュラー)』 はおいしいのに罪悪感ナシ!

このヘルシーさ、嬉しすぎ!

 

餃子は大人にも子どもにも大人気のメニュー。夕食に並ぶだけでテンションが上がる。しかし高カロリーが玉にキズ…。しかし、驚きの低カロリー、低糖質の『マッスルギョーザ』ならダイエット中でも罪悪感ナシで食べられる!? まさか、そんな夢のような餃子があるなんて…。さっそく徹底レビューしてみよう!

 

 

カロリー・糖質・脂質&調理の手間はカット、しかし美味しさはカットしないこだわり餃子

株式会社信栄食品(長野県松本市)は1998年創業、餃子の製造に特化した食品メーカー。全国のスーパーだけではなく、飲食店やホテルなどにも餃子を提供している。

餃子専門の同社が、20年のノウハウを活かして開発したのが超ヘルシーな『マッスルギョーザ(レギュラー)』(1袋40個・販売価格 税込1,980円・発売中)。何とも愉快なネーミングだが、鶏ささみ肉を使い、脂質を極限まで抑え、高たんぱく質を実現した「筋肉質なギョーザ」からついたと聞いてなるほど納得。

なんと、タンパク質1.5倍・カロリー50%カット・脂質88%カット・糖質50%カット! 糖質をカットするため、皮には小麦ふすまを使っている。

餃子は記者も大好きだが、カロリーが高く、食べるタイミングには悩むこともある。しかしこの餃子なら、1個あたりたったの21kcal。10個食べても210kcal、20個食べても420kcal…!

美味しい食事を目標に作られているので、もちろん味にもこだわりが。キャベツは日本全国の産地から常に旬のものを使い、他の野菜も鶏ささみも国産だ。食べ応えのあるしそ風味で、ダイエットのプロであるボディービルダーにも好評なのだとか…!

ダイエット中に餃子が食べれるなんて夢のような話…! 果たしてその味わいとは?

袋の裏にある作り方を参考に、まずは冷凍庫から出して3分茹でるだけという、簡単な水餃子から調理開始だ。

 

美味しくてヘルシー。ダイエットのタンパク不足にも

ずっしり入った大袋は、チャック付き。好きな分だけ使えて保管しやすい。

出してみると、見た目に変わったところはなく、大きさも申し分ない。

沸騰させたお湯に入れて3分茹でる。これだけで完成だ!

つけダレも良いが、スープでも良い。記者は中華だしとネギの水餃子。

つるんと滑らかな皮の喉越しが良い。噛むと、ぎゅっと詰まった鶏肉の程よい弾力だ。にんにくも生姜も効いていて、味もしっかり付いているので、つけダレが無くても美味しい!

 

お次は焼き餃子。

大さじ1の油を引いたフライパンに、凍ったままの餃子を並べ、火をつけて

100mlの水を入れて蓋をし、蒸し焼きに。

中火で約5分。

焼き目をつけて完成! 良い焼き色…!

一緒にサラダや、副菜、ご飯を添えてワンプレートにしていただきます!

早速食べてみると、しっかりと下味が付いていて、ネギやニラの風味が良く、そのままでも美味しい。

にんにくもしっかり効いていて、後を引くしその風味が爽やかだ。低脂質なのでパサパサしているのかと思いきや、そんなことはなく、ささみのさっぱりとした感じと弾力ある噛みごたえがポイント!これはスゴイ…

プレートを全部食べても、本当に罪悪感がないし、こんなに美味しいのに低カロリーなのはとてもありがたい…リピート間違いなし!
ダイエット中でもしっかりご飯を食べたい人や、肉の油が重く感じてきた人にもおすすめだ。ぜひためしてみて!

購入は公式オンラインショップや、Amazon楽天などからも可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック