【低糖質】適量スープメニュー『とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ/おとうふの旨だし豆乳スープ/シビ辛麻婆豆腐スープ』【ダイエット】

豆腐のみずみずしさが半端ない!

 

ちょうどいいサイズ感で、とろける豆腐が特徴の「豆腐カップスープ」シリーズ「とろけるおぼろ豆腐」シリーズとしてリニューアル。『純豆腐 スンドゥブチゲスープ』『おとうふの旨だし豆乳スープ』に加え、新フレーバー『シビ辛麻婆豆腐スープ』も仲間入り。お豆腐だからこそのうれしい低糖質/低カロリーの3種を食べ比べ!

 

お湯を注ぐだけとは思えない、なめらかにとろけるお豆腐のカップスープ

日清食品「豆腐カップスープ」シリーズは、人気の豆腐メニューを手軽に食べられるカップスープ。なめらかでとろける食感の豆腐が特徴で、低糖質・低カロリー。ヘルシー志向の人を中心に人気を集めていた。

既存の2種のフレーバーは『純豆腐 スンドゥブチゲスープ』『おとうふの旨だし豆乳スープ』。今回この2つを「とろけるおぼろ豆腐」シリーズとして、スープや豆腐のおいしさはそのままにパッケージを一新。糖質量が一目でわかるデザインになっている

 

さらに新フレーバーとして、人気メニューの「麻婆豆腐」をスープにアレンジした純豆腐 スンドゥブチゲスープ』を新発売した

 

豆腐のとろける食感を生かした3種のフレーバー…とは言えカップスープ。乾燥した豆腐でとろけるとは? 気になるフレーバーと豆腐を食リポしてみたい!

 

『とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ』

『とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ』(17g・希望小売価格 税込170円・2021年3月上旬より順次リニューアル)は、あさりなど海鮮の旨みたっぷりのだしと、唐辛子の辛みが本格的なチゲスープ。

お湯を注ぐとほろほろと豆腐がほどけた。豆腐をスプーンで掬うと、プルプル感がある…! 豆腐が柔らかく、舌で押しつぶせるようなツルツルの食感だ。喉越しもするりとしている。絹ごしのようなみずみずしさすら感じる…!

ニラとネギの風味と、唐辛子やにんにくが効いていてけっこう辛め。スパイシーで本格的な味だ。スープまで飲み干しても、糖質5.8gの68kcal。これは嬉しい!

 

『とろけるおぼろ豆腐 とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ』

『とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ』(17g・希望小売価格 税込170円・2021年3月上旬より順次リニューアル)は、帆立・昆布・鰹の3種のだしと、ゆずを利かせた豆乳仕立てのスープ。旨み豊かで、優しい味が特長だ。

お湯を注ぐと、豆乳とゆずのいい香り。

ピール入り

魚介系のだしの旨味と、柑橘の風味が優しい。豆乳が豆腐に絡みまろやかだ。ゆずの皮の食感がまた良い。豆乳のコクでややこってり感があるのに、糖質7.6gで78kcal。小腹が空いた時でも満足できる味わい!

 

NEW『とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ』

新発売の『とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ』(15g・希望小売価格 税込170円・2021年3月1日発売)は、唐辛子の辛みと味噌の旨みの濃厚な麻婆豆腐スープ。花椒(ホアジャオ)のシビレがクセになる味わいが特徴だ。

カップに粉末スープを入れただけで、唐辛子と花椒のスパイシーな香り!

スパイシーなニンニクと生姜の風味で、しっかり濃いスープ…そして辛い! 舌にびりっとくる辛さを、豆腐のマイルドさが和らげる。癖になるしびれ感を完食し、体もポカポカだ。

この満足感で糖質5.2g、52kcal。おにぎりと一緒や、はるさめを投入したくなる、しっかりした濃い味で大満足だ。

 

しかし3種どれも豆腐感がスゴイ。プルプルで滑らかでみずみずしい。とても即席とは思えない滑らかさだった! 豆腐好きということもあるがこの3種、ヘルシーさも含めリピしたい魅力的なカップスープだ。

 

購入は全国のスーパー・コンビニ・ドラッグストアなどから。

 

あわせて読みたい: 【ダイエット】豆腐で健康をプラスしたカップ麺『明星 とうふらぁめん 中華風白麻婆』ってどんな味?

あわせて読みたい: 【ダイエット】ギリシャヨーグルトのような豆腐『BEYOND TOFU Greek-style(ビヨンドとうふ グリークスタイル)/同 枝豆風味』!【高タンパク】

あわせて読みたい: でか具材の麻婆茄子アレンジでどうなった!? シビ辛『チキンラーメン 具付き2食パック アクマのアサバァ』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック