マシュマロや綿あめに包まれてるみたい!? 中わたの『ソフトアズクラウド』が生み出す、極上ふわふわな寝心地を体験!

ふかふかふわふわのお布団に、赤ちゃんも思わずうっとり…!

 

 こだわりのベビー用品メーカー「赤ちゃんの城」から、肌への優しさと柔らかさを追求した、スマイルコットンのベビー布団が新登場。しかも中わたには、『ソフトアズクラウド』という特殊な素材が入っているらしい。極上だというその寝心地を、生後9か月の娘にどうだろう? と興味がわいたので、実際に体験してみた!

 

デリケートな肌を優しく包みこむ! ソフトアズクラウド×スマイルコットンのベビー布団

株式会社赤ちゃんの城(福岡県久留米市)は、赤ちゃんが「寝てる時も、起きてる時も、ずっと心地よく過ごしてほしい」という想いから、ベビー用品を数多く製造・販売している。

オーガニックコットンをはじめ、およそ10種類の厳選した素材を使用し、縫製などの生産もすべて国内の自社工場で行っているという。そんな赤ちゃんの城が、特にこだわって作っているのが、1日の大半を眠って過ごす赤ちゃんの、心地よい睡眠に欠かせない肌着や寝具だ。

新しく登場するスマイルコットンの『ベビーふとん カバーリングセット』(希望小売価格 税抜45,500円・発売中)もそのひとつ。

スマイルコットンとは、一度撚った糸をほぐし、糸そのものを綿の繊維に戻すことでつくられており、スマイルコットン社独自の特殊な素材。赤ちゃんの城とのコラボ商品は、その品質の良さから、産院などでも取り入れられ、日本アトピー協会の推奨も受けているそう。

今回は、このベビー布団の掛布団にオプションで使用されている中わたに注目したい。

掛布団の中に入っている『ソフトアズクラウド』。

アメリカのインビスタ社が開発した、ポリエステル中綿繊維ブランド「ダクロン」の『ソフトアズクラウド』を使用。羽毛のような柔らかさとあたたかさを兼ね備えた、羊毛などの天然素材の代替品として注目を浴びている。

マイクロファイバー(極細繊維)が生み出す、雲のようなふっくらとした質感と、繰り返し洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っても形状や柔らかさをキープする強度が特徴。動物の毛にアレルギーがある人や羽毛の臭いが苦手な人にも使いやすいためおすすめしたい!

 

まるで雲みたい! 幸せな肌ざわりと高い保温性に赤ちゃんグッスリ

さっそく、気になる使いごこちをたしかめてみよう!

『ソフトアズクラウド』が中に入っている掛け布団を手で軽く押してみると、ふわっと優しい弾力ながらも、ゆっくりと押し戻してくるような感覚がある。

ふわふわ以外の言葉が見つからないほどの柔らかさだが、ちゃんと適度な弾力もあるのがポイント。例えるならば、マシュマロと綿あめの中間くらい? そんな絶妙なふかふか感が体感できる。

掛け布団カバーも、もちろんスマイルコットンを使用。

吸い付くように柔らかな肌ざわりが本当に気持ち良い。中わたのふかふかな質感と、カバーの滑らかな質感が掛け合わさり、最高のコンビネーションだ!

生後9か月の娘を寝かせてみると、「このお布団、最高に気持ちいいでちゅね」と言わんばかりの笑顔。横に入って一緒に寝心地を体験してみたが、たしかにこれは気持ちがいい!

実際に寝てみると、その保温性の高さに驚いた。最初に肌に触れた時のひんやり感は全くなく、数秒もすれば体温が布団に伝わり、ほんのりあたたかくなってくるのが分かる。

それでいて、とても軽いのも魅力的だ。

優しく肌に寄り添うようにまとわる感覚があり、身体への重さや負荷は全く感じない。「こりゃ、極上の布団だわ」とすぐに納得。そうして、すっかりお布団の気持ち良さの虜になり、頬ずりをする記者を横目に、いつの間にかスヤスヤと寝息を立てていた娘。このお布団なら寝かしつけに苦労することもなさそう。

ちなみに掛け布団の中わたを外せば、カバーの方をケットとして夏用にも使えるから便利でうれしい。この『ベビーふとんカバーリングセット』があれば、赤ちゃんの幸せそうな寝顔を年中みることができるだろう!

 

良質な眠りはお布団から! 赤ちゃんに最高の睡眠環境を

『ソフトアズクラウド』を使ったベビー布団は、雲のようにふわふわで、とても軽くてあたたかく、とにかく最高! お布団から出たくなくなる赤ちゃんが続出してしまうかもしれない!!

 

商品は、全国の有名百貨店や、楽天Amazonなどのショッピングサイトや赤ちゃんの城のカタログで購入が可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック