お肉の代替えでヘルシー!「ダイズラボ」シリーズの新商品『大豆のお肉のグリーンカレー』をためしてみよう!

簡単・ヘルシー・美味しいの三拍子!

 

大豆を使ったお肉の代替えで大注目の「ダイズラボ」ブランドから、専門店の人気メニュー、グリーンカレーが新登場だ! 3つの材料とフライパンがあれば、調理も簡単! ココナッツ香る本格派なのにヘルシー!『大豆のお肉のグリーンカレー』を試してみよう。

 

“自宅で食べるご飯は、簡単で美味しくてヘルシーがいい”を叶えるレトルト食品

味噌や調味料でおなじみマルコメ株式会社(長野県長野市)の「大豆のお肉」シリーズは、畑のお肉ともいわれる「大豆」を使ったレトルト食品のブランド。簡単に調理できるメニューを豊富にラインアップしている。

食の多様化やヘルシーさから大豆のお肉は今や大注目。2015年の発売以降、さまざまなシーンで注目を集め、お家ご飯の需要の高まりからも注目度は上昇!当初の予定を上回る販売数(※2020年度上期計画比150%)を記録したのだとか。

『大豆のお肉のグリーンカレー』(150g・オープン価格・2021年9月上旬発売)は、タイ料理で人気のグリーンカレーが簡単にできるレトルト食品。

なす、しめじ、牛乳があれば、調理時間はわずか約8分。簡単に美味しい本格的なグリーンカレーが完成する。

 

食欲をかき立てるココナッツの香りにこだわり、6種のスパイスを使用。フィレタイプの大豆のお肉の食感とマッチする仕上がりなのだとか。

カレーはカロリーが高いイメージがあるが、150g2人前で243kcal。できあがりは1人前で約220kcalとヘルシー!

 

わずか8分、炒めるだけの手軽さで本格的なグリーンカレーが完成!

裏面の作り方を参考に、さっそく調理開始。

材料は2人前で次の通り。

  • なす 1本
  • しめじ 1/2株
  • 牛乳 100ml
  • サラダ油 大1
  • 『大豆のお肉のグリーンカレー』 1袋

なすはひと口大に切り、しめじはほぐしておく。フライパンに油を熱し、なすとしめじを中火で1分炒める。

『大豆のお肉のグリーンカレー』を加え、弱火で1分ほど炒める。

牛乳を加え、弱火で温めたら完成だ。辛さは牛乳の量で調節できるとのこと。好みに合わせて増減しよう。

本当に10分かからず完成した!スパイスとココナッツの良い香りに、ごくっと喉が鳴る! ご飯を添えたら、さっそくいただきます。

独特のスパイスの香りに包まれる。スパイシーで風味が良く、かなり本格的な味わいだ! ココナッツとミルクがマイルドで、辛すぎないのにしっかり後をひく。タイ料理特有のクセのある風味がたまらない! まるで専門店に食べに来ているかのような香りと味がやみつきになる。

 

気になる大豆のお肉だが、忘れてがっついてしまったほど違和感ない。弾力のある食感が、まるで本物のお肉のよう。しっかりとスパイスも染み込んでいる。大豆なので肉特有の脂のくさみがなく、記者的にはスパイシーさをそのまま感じられてむしろ好みだ!

添えたターメリックライスにもバッチリ合う。白米はもちろんだが、五穀米でも良さそう! 白パンを添えても美味しかった。好みでナンを用意したり、自分の好きに楽しめるのが、お家ご飯の良いところ!

 

本格的なのにこのヘルシーが嬉しい! 自宅で作れるので、具材も辛さも自分好みにアレンジ可能。

シリーズは全国のスーパーなどで販売中なので、チェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵/official images

トラックバック