電池不要で経済的! ミツバチ×オルゴールに赤ちゃんが興味津々の『ビーハイブコットモバイル』で遊んでみた

オルゴールを聴きながらミツバチを目で追う赤ちゃん…そんな姿、愛おしすぎる!

 

ベビーベッドに付けるおもちゃといえば、くるくる回る楽しいメリー。でもすぐに電池が切れてしまって、取り替えを面倒に感じたことはないだろうか? それなら紐を引くだけで動く『ビーハイブコットモバイル』がいい! オルゴールとミツバチが視覚と聴覚を刺激して、赤ちゃんの成長も可愛く手助け。さっそく遊んでみよう。

 

電池不要! 楽しい仕掛けの『ビーハイブコットモバイル』

アルツァーナジャパン株式会社(大阪府大阪市)が展開する「Chicco(キッコ)」は、洗練されたデザインと機能性に高い定評のあるイタリア発のベビー用品ブランド。世界120か国以上で愛されているグローバルブランドだ。

『ビーハイブコットモバイル』(サイズ 約51×68×55cm・対象年齢6か月~3歳頃・メーカー希望小売価格 税込6,028円・発売中)も、赤ちゃんが喜ぶ楽しいおもちゃのひとつ。

メリーといえばたくさんあるが、この商品の嬉しいところは電池が要らないということ。紐を引くだけで動くので経済的だ。楽しい音楽とともに頭上をミツバチがくるくる! 色彩もとってもカラフルで、視覚と聴覚、両方の刺激を求めるようになる生後2~3か月の赤ちゃんにぴったりのメリーなのだ。

 

くるくる回るミツバチに興味津々!

記者の娘はもう1歳半だが、ちょうど友人が生後5か月の赤ちゃんを連れてくるというので一緒に遊んでみることにした。

取り付けはとても簡単。本体背面をベビーベッドの柵の間に差し込み、お花のような留め具をくるくる回すだけだ。ネジや工具はいらないし、女性の力でも楽々取り付けできる。今回はベビーベッドがなかったのでイスの背もたれに付けてみた。留め具は直径10㎝ほどあるので、このように間隔が広めでも取り付けられるのがありがたい。

本体にミツバチ付きの棒をグサッと差し込んだら完成。3分もあれば設置できた。

さっそく紐を引っ張ってみよう。(※イスの背面に設置する場合は後ろに重さがかかるので、イスが倒れないように必ず人が座るなど注意が必要)紐はけっこう固いので、子どもの力では無理そうだ。大人が引っぱってあげよう。

鳴るというより、音色がこぼれ出る、と言えばいいだろうか。ポロンポロンと心地よく耳を打つ、澄んだオルゴール音が流れてきた。テンポは速すぎず遅すぎず、赤ちゃんがリラックスするのにちょうどいい感じだ。そしてゆっくり回るミツバチたちは…

カラフルでキュート! 下から見てもニッコリ笑った表情がうかがえるし、羽の透け感も楽しい。友人の赤ちゃんもかなり興味をそそられるようで、指でちょっと触ってみてはこちらに満面の笑みを向けてくる。

 

「でもオルゴールってすぐに音楽が止まるんじゃないの? 」と思い、いじわるな記者はどのくらい音楽が鳴り続けるのか計測してみた。結果は2分弱。案外長くて驚いた。電池式メリーにありがちな「ヴーーー」といった起動音もしないし、オルゴールだから音の終わりがゆっくりフェイドアウトするのもなんだかいい。

ミツバチの巣箱(本体)はオルゴールとして単体で使うこともできるので、メリーとしての役目が終わっても癒し担当として長く活躍してくれそうだ。

 

くりくりの目でミツバチを追いながら、オルゴール音に楽しそうに耳を傾ける友人の赤ちゃん。そんな我が子を見て友人もとっても嬉しそうだった。

 

ビーハイブコットモバイルで赤ちゃんの発達器官を刺激しよう

カラフルな色彩とオルゴール音が心地良い『ビーハイブコットモバイル』。毎回電池を入れ替えることを思えばとても経済的だし、オルゴールとして長く使えるのもいい。視覚と聴覚を楽しく刺激してくれるので、赤ちゃんの好奇心もぐっと引き出してくれる。うちの子はどんな物に興味を示すの…? そんなおもちゃ選びで悩んでいるパパ・ママに自信を持って推せるメリーだ。もちろん出産祝いにもおすすめ!

 

『ビーハイブコットモバイル』はAmazon楽天などのオンラインストアで購入できる。

また公式Instagramでは、ビーハイブコットモバイルで楽しく遊ぶ子どもたちの様子を見ることができる。ぜひチェックしてみて!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック