ガツンと歯ごたえ!おつまみ界の名脇役『ジャイアントコーン/ピリ辛ジャイアントコーン』を食べ比べ!

素朴だからこそ素材の香ばしさとスパイシーさが際立つスナック

 

宅飲みのお供に、食べごたえのある素材系のスナックは、常備しておきたいおつまみのひとつ。超大粒のコーンをフライにしたジャイアントコーン」は、ミックスナッツなどで良く見かける素材系のスナック。素朴で控えめながら、おつまみとしては超優秀『ジャイアントコーン/ピリ辛ジャイアントコーン』スパイシーな2種をレポートしてみたい

 

粒がどでかいトウモロコシ、ジャイアントコーンって何?

ナッツの専門メーカー、稲葉ピーナツ株式会社(岐阜県岐阜市)が販売する『ジャイアントコーン/ピリ辛ジャイアントコーン』43g/33g・実勢価格 税抜100円 都内セブン-イレブンにて購入・発売中)は、南米ペルーの”ホワイトジャイアントコーン”をカリッと香ばしくフライし、味付けしたスナックだ。

 

“ジャイアントコーン”とは、種子が大きいトウモロコシの品種のこと。ホワイトジャイアントコーンはその色が白いのが特徴だ。一粒の大きさは2cmほどで、ペルー中南部ウルバンバ地方の標高約3000mでのみ栽培されている。現地ではスープや添え物などで食べられているが、日本では油で揚げたおつまみや、ポリコーンなどでおなじみだ。

 

揚げたジャイアントコーンは、ミックスナッツに混ざっていることが多く、単品ではそれほど見かけない。しかし、おつまみとしてファンも多く、ジャイアントコーンだけを食べたい人も少なからず存在する。

今回はコンビニで入手した、2種のスパイシーな味を要チェックしてみた!

 

『ジャイアントコーン』

素材が一目でわかるイラスト入り

『ジャイアントコーン』は、赤穂の焼塩とこしょうでスパイシーな味つけをしたもの。

 

原材料はかなりシンプル。素材系のスナックは、化学調味料が少ないのも魅力だ。

 

つまんでみると、結構大きい! 親指の爪くらいのサイズだ。香りはほとんどなく、控えめな存在感。

 

早速口に入れて、噛むとがリッゴリッと硬めの歯ごたえ。かなりシンプルな塩味で、コーンの素材ままの味わい。塩気が強くないので、噛めば噛むほどコーンの香ばしさがじわじわとくる。スパイシーさはそれほど感じなく、素朴で万人ウケする食べやすさだ。

 

ピリ辛ジャイアントコーン

赤系のオレンジで、唐辛子のホットさが伝わってくる

ピリ辛ジャイアントコーンは、唐辛子とガーリックペッパーで、ピリ辛に味付けしたもの。

 

スパイスがまぶされているのがわかる

ガリッと硬い食感を噛みしめると、じわじわと辛さがくる。ガーリックの風味は少なく、唐辛子は強めでびりっと辛い。確かにスパイシーな味わいだ。

 

香辛料の複雑な味わいで、粒によって辛さにブレがある。ピリ辛と激辛があり、辛いものに当たると辛さにヒリヒリする。それもロシアンルーレットのような楽しみがある。プレーンより塩気が強めで、ビールや焼酎に合う!

 

脇役と思うなかれ、2種類共に存在感は十分だ。シンプルなだけに、素材の味とスパイシーさが際立っていた。酒のつまみに迷ったら、一度チェックしてみてはいかがだろう!

 

入手はコンビニなどから可能。

 

あわせて読みたい: 【糖質制限おつまみ】ナッツとシリアル合体。食物繊維豊富な『NUTS&CEREAL (ナッツ&シリアル)トリプルナッツ』【ダイエット】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック