偏食気味の愛犬でも食いつきが違う!おいしさにこだわったドッグフード「Yum Yum Yum!」

 

大切な家族だからおいしいご飯を毎日食べて、健康に長生きしてほしい。けれど偏食気味で食い付きが悪かったりと、ドッグフード選びというのはなかなか難しい。なんとか食べてもらおうと、チーズや鶏肉、かつお節など一緒にあげるも、トッピングしか食べてくれない…と、苦労している方も多いのではないだろうか。

そんな偏食気味な子に試してほしいのが『Yum Yum Yum!だ。品質にこだわりぬいて作られたドッグフードで、好き嫌いの多い記者の愛犬が見事に食い付いた!その実力をご紹介したい。

偏食気味の愛犬の反応は…

 

記者の愛犬は偏食気味で食も細め。いつもあげているドッグフードは、そのままでは食べてくれないので、トッピングを何種類か入れて混ぜることがほとんどだ。今回はどれほどの食い付きなのか見るため、そのままあげてみることにした。

『Yum Yum Yum!』を袋から出すと、かつお節の出汁の香りがふわりと香った。その瞬間、いつもはフードをお皿に出す時には少し離れたところをうろついている愛犬が、足元で大騒ぎを始めた。初めて食べるフードだといつもは警戒するのにこんな反応は初めてだ。

お皿を置いて「待て」をする間もいつになくソワソワしているので早めに「ヨシ」と声をかける。普段なら食べなかったり、少し食べて飽きることも多いのにものすごい勢いでガッついてあっという間に完食。こんなに勢いよく食べるのは初めて見たかもしれない。

食べだすと止まらない

偏食気味なのが嘘のように、「もっとちょうだい」とせがんでくる。粒が小粒だったから、食べやすくてもっと欲しいと思ってもらえたのかも?

『Yum Yum Yum!』をあげてからはトッピングを増やす手間や、ちゃんと食べないことへの心配も減り、愛犬ともっと近づけた気がする。

愛犬のことを大事に思ってくれる会社が作った獣医師監修のドッグフード

商品名にある通り、美味しく食べてくれた『Yum Yum Yum!』

なぜこんなに良い反応をしてくれたのか気になって調べてみると、ドッグフード専門店や動物病院も運営を行っている株式会社カラーズが一切妥協することなく作った商品なのだという。

具体的に何がすごいかというと、『Yum Yum Yum!』のレシピは獣医師が監修しており、おいしさにこだわって作られていることだ。例えば、国産若鶏生肉を30%以上配合することで、ジューシーさを感じられるようにできていたり、国産のかつお節で香りや旨味を引き立たせている。

 しかも合成添加物は不使用で、使われている食材は鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、かつお節、全卵…と人間の食品で見るものと変わらない。偏食気味でも人間の食べ物に興味関心を寄せる子はいるが、食いつきがよかったのはそういうことだったのかと納得。

安心安全のヒューマンクオリティ!

市販のドッグフードには、農薬やガソリンの酸化防止剤に用いられている添加物や、肉は骨や血合、野菜は洗浄もされずに農薬まみれの土がついたまま加工されたものもあるというので、もしかすると偏食の原因も、そんな材料が使われているからこそなのかも。

その点『Yum Yum Yum!』なら品質満足度5冠達成とお墨付きで安心だ!

 

今までに見たことのない愛犬の喜ぶ姿を見たいなら

愛犬の健康のためにできることは毎日の食事から

 

記者の思っていた以上に愛犬を喜ばせることができた『Yum Yum Yum!』。危険な添加物は含まれていない上に、この姿を見てしまったらこれ以外のドッグフードの選択肢はない。

実家にも送ったところ、15歳になってすっかり食が細くなった子もしっかり食べてくれたと喜んでいた。

 

 

『Yum Yum Yum!』は初回限定でお試しサイズが1,980円(税込)、しかも送料無料。

家族である愛犬と長く一緒にいるためにも、ドッグフード選びはとても重要。まずは愛犬の瞳の輝きと食いつきの違いを実感してみてほしい。カリカリが苦手な子には半生タイプもあるのでそちらもオススメ。

《会社概要》
《特定商取引法》
《プライバシーポリシー》

記者

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。都内在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック