組み立てと洗浄が簡単! 初めてでも使いやすい『ヒューロム スロージューサー アドバンスド100』でおいしいジュース生活を

毎日使うなら、使いやすくないと!

 

美容と健康のために、毎日新鮮なジュースを飲みたい! そんなあなたには、栄養を豊富に残せるスロージューサーがおすすめ。でも、お手入れなどの手間が…そんな心配も無用。組み立てと洗浄が簡単な『ヒューロム スロージューサー アドバンスド100』をご紹介しよう。

 

組み立ても、洗浄も楽々! 毎日のジュース生活をもっと手軽に!

スロージューサーは、スクリューがゆっくりと回転し、食材を圧縮しながらすり潰してジュースを搾るといったもの。

高速ジューサーと違い、空気の入り込みが少ないので酸化しづらく栄養を豊富に残せるという特徴がある。

HUROM株式会社(東京都中央区)の『ヒューロム スロージューサー アドバンスド100』(W293×D210×H462mm・希望小売価格 税込54,780円・発売中)は、はじめての人でも使いやすいスロージューサー。

従来のスロージューサーは組み立てや洗浄に時間がかかっていたが、それが解消!

組み立ても洗浄もラクなので、毎日のジュース作りが楽しくなるはず。

ジュースを搾るためのフィルターは3種類。

  • ジュースフィルター(黒)は、根菜類や葉物類、果物を搾汁するときに。
  • フルーツフィルター(オレンジ)は、果肉がやわらかい果物、果肉が多い果物を搾汁するときに。
  • フローズンフィルターは、冷凍の果物でフローズンドリンクやシャーベットを作るときに。

 

従来の“ストレーナーはメッシュ”という概念を捨て、2つの樹脂製フィルターの間で食材を搾汁する技術“分離搾汁方式”を採用している。

また、ヒューロムが独自に開発した“低速搾汁方式”も特徴の1つ。

スクリューは刃を使用せず人間の手で搾るように、食材にかかるストレスや熱を最小限に抑えて、ゆっくり、そしてしっかりと搾汁してくれる。

組み立ては、フィルターやスクリューをドラムに順番にセットしていくだけ。

直感的に分かりやすいので簡単に組み立てることができる。

そして投入口のついたドラムキャップをセットして、本体の上にのせ…

ジュースカップ、搾りかすカップを手前に置いて、セッティングは完了!

搾りかす/フローズン排出口には、新開発のスライド式リフトレバーがついている。

これはヒューロム独自の技術で、最後まで食材の水分を搾りきるためのもの。

ジュースを搾汁するときは、ジュースカップと搾りかすカップを。

フローズンを作る時には、搾りかす/フローズン排出口のみにカップを置けばOK。

 

色鮮やか! 果物と野菜のおいしいジュース

さっそく、果物と野菜のジュースを搾ってみよう。

今回は、りんご、にんじん、ミニトマトのジュースを作ってみる。

ジュースフィルターは黒を使用。

このスロージューサーには刃がないので、投入前には食材を細かくカットする必要がある。

りんごはくし形に、にんじん(根菜)は長さ3~4㎝くらいに。根菜類は土や泥などの汚れをきれいに洗うことで皮ごと搾ってもよい。

ミニトマトは、ヘタをとるだけでOK!

側面にある電源ダイヤルをONに回すと、静かにスクリューが回転する。

その他には逆回転モードがついている。

上部の投入口からゆっくりと食材を入れていこう。

やわらかいミニトマトを先に投入して、後から固めのにんじんやリンゴを投入した方が搾りやすい。

つまらないように縦にまっすぐ入れていくのもポイント。

搾汁中の作業音は、スクリューがグーンと回る音だけなので静か。

 

ジュースが搾汁されると、果物や野菜のフレッシュな香りが漂う。

ドラム内にある程度ジュースがたまってから、ジュースカップを開けよう。

水分の多いりんごを使うことで、たっぷりとジュースを搾ることができる。

搾りかすが出てこなくなったら、搾りきれた合図。

ジュースが全部排出されたら、作業状態でリフトレバーを開け、残っている搾りかすを排出しておこう。

 

ヘルシーな身体作りに! おうちで搾りたてジュースの幸せを!

搾りたてのフレッシュなジュースのおいしさはまさに格別!

サラリとした飲み心地。えぐみなどもなく、素材の味わいが引き立ったおいしいジュースだ。

身体の中から元気になれる1杯になること間違いなし!

ジュース作りを習慣化させるコツのひとつは、食材を事前に準備しておくこと。

夜のうちに準備しておけば、朝はスロージューサーをONにして投入するだけだから時短にもなる。

 

目詰まりなし! 水で流すだけできれいに!?

そして、気になる後片付け。

従来のものはフィルターがメッシュで、ブラシでこすって洗う必要があったのだが、樹脂製のフィルターは流水でササっと洗い流すだけで搾りかすなどが取れてしまう。

普通の食器などと同じような感覚で洗えるので、洗浄にかかる時間は従来品の1/6に短縮。

これが、何と言っても使いやすいポイントだ。

別売りで乾燥スタンドもある。

これを使えば、洗浄後のパーツを省スペースでコンパクトに収納して乾燥できる。

組み立てや洗浄にかかる手間が大幅に軽減した『ヒューロム スロージューサー アドバンスド100』。もちろん搾汁のパワーも申し分なし。

 

この手軽さがあなたのジュース生活をサポート!

従来のメッシュ式フィルターを使っていた人であれば、これがどれだけ楽に扱えるかが分かるはず。

買い替える人も、はじめて使う人にも、この手軽さはうれしいポイントだ。

手軽に使えるから、いろんな果物や野菜で搾ってみたくなる。

レシピブックを参考に、その日の体調や気分に合わせて色んな食材でジュース作りを楽しんでみよう!

 

『ヒューロム スロージューサー アドバンスド100』の購入は、ヒューロム公式オンラインショップや一部百貨店で。

 

また、ヒューロムnoteでは、12月からコラム「平和な健康習慣」の連載をスタート。

 

ジューサーがあり、ジュースが毎日搾られているシーンとともにあって欲しい「健康習慣」。でも、理想通りにはいかない現実に直面することも。

新しい健康習慣をスタートしたときに直面しやすい壁、新習慣を阻む壁のような問題、その壁の向こう側へ軽やかに歩み進めるコツをコラムで紹介していく。

気になる方はそちらもぜひチェックしてみて!

コラムはこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック