密は密でも親密に!みんなで遊べる『ぷよぷよテトリス2』のCM発表会が開催!

 

誰もが知る落ちものパズルゲーム「ぷよぷよ」と「テトリス」が合体した『ぷよぷよテトリス2』。12月10日の発売に先駆けて12月2日にはCM発表会が実施され、川栄李奈さん・生見愛瑠さん・高野洸さん・古坂大魔王さんらが登場! 和気あいあいと進行したCM発表会のレポートをお届けしよう!

 

世代や性別、国境も超えてみんなで遊べるパーティーゲーム!

セガ『ぷよぷよテトリス2』PS4パッケージ版/ダウンロード版・価格 税抜4,990円・2020年12月10日発売)は、国民的パズルゲームである「ぷよぷよ」と「テトリス」のコラボレーションタイトル第2作目となる。おなじみのルールによる対戦はもちろんのこと、ぷよぷよvsテトリスや両方が一緒くたになったモードも存在。

 

初心者でも基本を学べるレッスンモードや全世界のプレイヤーとの対戦機能も実装されており、年末年始のパーティーゲームとしてもひとり用のやり込みゲームとしても、充実の内容となっている。

クリスマスカラーの華やかな衣装で登場

そんな『ぷよぷよテトリス2』CM発表会には、川栄李奈さん、生見愛瑠さん、高野洸さん、古坂大魔王さんが登場。4名は世代や性別を問わず遊べる本作のイメージキャラクター「ぷよテトパーティーメンバー」に就任して、クリスマスにちなんだトークや本作のゲームプレイが行われた。

ファンにもおなじみの「ぷよぷよ」シリーズプロデューサー ・細山田水紀さんも登壇し、「来年30周年を迎えるぷよぷよと35年以上の歴史があるテトリスですが、2014年に発売し前作は全世界で約140万本以上のセールスを記録しており、続編を望む声も多くありました。新しい要素も加えて、4人で年末年始楽しめるタイトルになっています」とコメント。

本作のCMに起用された感想の中で、古坂大魔王さんから「ぷよぷよとテトリスですからね! これは(プロレスに例えると)猪木と馬場みたいなものですよ! 楽しまない手はないですよね」と抜群のたとえで会場の笑いを誘っていた。

 

 

会場でも上映されたTVCMは、4名が和気あいあいと『ぷよぷよテトリス2』をプレイする内容。テーマソングは、幅広い活動をしている古坂大魔王さんが歌唱しているのも注目ポイントだ。

実際にぷよテトパーティーメンバー4名によるゲームプレイも実施され、高野洸さんが見事勝利! 

「ぷよぷよ」おなじみのキャラクター・カーバンクルのクッションがプレゼントされると「ふわふわしていてかわいいですね! クッションにします(笑)」と爽やかにコメントしていた。

『ぷよぷよテトリス2』とクリスマスにちなんだ質問コーナーでは、”めるる”こと生見愛瑠さんからおなじみの挨拶「はっぴーす!」が飛び出すひと幕も。「来年もハッピーに過ごしたいですし、皆さんもぜひやってみてください!」とアピールしていた。

サンタさんにお願いしたいプレゼントの問いに、往年の名レスラーのマスクと回答した古坂大魔王さん。

続く川栄李奈さんの「かわいいマスク」という回答と奇跡的に被ってしまい、笑いに包まれる場面も。

CM発表会のラストには、回答に使用したぷよ型のフリップをクリスマスツリーへ飾り付け。そして、それぞれから発売を楽しみにしている方々へ向けたメッセージが寄せられた。

高野洸さん「4人でプレイしてめちゃくちゃ楽しかったです。これからの季節家族でプレイしても盛り上がると思うので、皆さんもプレイしてみてください」

古坂大魔王さん「なかなか集まれない状況ですが、こういうゲームがあると心は密に、親密に遠く離れた人とも遊べると思うんです。ギスギスしないように楽しいゲームを遊んで親密に!」

生見愛瑠さん「どんな世代の方が遊んでも楽しいと思いますし、JKやJCの若い方も大人の方も、一緒にぜひ遊んでみてください!」

川栄李奈さん「お家時間が増える中で、技術を磨いて強くなったりしつつ、ワクワクして心が豊かになるといいなと思います」

 

『ぷよぷよテトリス2』は、PS4のほか、PS5、Nintendo Switch、Xbox Series X、Xbox Oneでもプレイ可能(Xbox Series X、Xbox Oneはダウンロード販売のみ)。年末年始、家族や親族と一緒に世代を超えたゲーム体験をぜひプレイしてみてほしい!

 

©SEGA

Tetris ® & © 1985~2019 Tetris Holding. 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

トラックバック