コクのあるおいしさ『白バラ牛乳使用 牛乳屋さんのおいしい鍋スープ ミルクバター味』でシメまで楽しもう!

今夜はミルクバター鍋であったまろう!

 

寒くなってくると鍋がおいしい季節。最近では様々な鍋スープが登場している。『白バラ牛乳使用 牛乳屋さんのおいしい鍋スープ ミルクバター味』はストレートタイプの鍋スープ。良質な牛乳だからこそできるコク深いクリーミーな味わいが特徴だ。たくさんの具材を入れて鍋を堪能したあとは、お楽しみのシメ! あなたならどんな具材で、どんなシメを楽しむ!?

 

鳥取大山の自然で育った白バラ牛乳と大山バターのおいしさを鍋スープに!

パッケージデザインなども手掛けているアイデアパッケージ株式会社(大阪府池田市)が販売する、クリーミーな鍋スープ『白バラ牛乳使用 牛乳屋さんのおいしい鍋スープ ミルクバター味』(600g・ストレート・希望小売価格 税込432円・発売中)は、冬にぴったりな味わい。

 

使用されている白バラ牛乳とは、鳥取大山の豊かな自然の中で育てられた牛から生まれた牛乳のこと。バターには、同じく鳥取県の生乳を使用した大山バターが使われているこだわりだ。

ストレートタイプなので、割らずにそのまま使える鍋スープ。たっぷり600gのスープは2~3人前にちょうどいい。和風の具材とも相性を良くするために、隠し味として白味噌やカツオ節エキスが使われているのがポイント!

洋風になりすぎず、「鍋」としてしっかり楽しめるのだ。甘くてコクのある白味噌は、牛乳との相性もばっちり。

 

濃厚なコクでスープまで飲み干せるおいしさ!

さっそく、鍋を楽しんでみよう!

具材はもちろんお好みで。今回は白菜、玉ねぎ、にんじん、長ネギ、しめじ、豆苗・豆腐などを用意してみた。

まずは鍋にスープを入れて火にかける。沸騰してから具材を入れていき、葉物を最後に加えてひと煮立ち。

あっという間に、ミルクバター味の鍋が完成!

 

スープそのものはサラリとした飲み心地ながら、濃厚でコクのあるミルキーな味わいで、身体を芯から温めてくれる。まろやかさもある優しい味わいだから、子供にも食べやすい。程よいバターの香りと、ブラックペッパーがアクセントになっている。

今回は野菜をメインに仕上げたが、もちろん鶏肉などを加えても肉の旨みが加わり美味しくなる。和風にも合う味付けなので、鮭やタラ、ホタテなどの魚介類で楽しむのもおすすめ。

裏面には色々なレシピが載っている。

そして、シメのアレンジも楽しみのひとつ!

リゾットやパスタなど、ミルクバター味だからこその美味しさが楽しめる。

 

カルボナーラ風うどんでシメ! これまた絶品

今回はシメに、手軽にできるカルボナーラ風うどんを作ってみよう。

追加で用意した食材は、ベーコン、チーズ、マッシュルーム、卵黄、うどん。

野菜などの旨みが溶けだした、先ほどの残ったスープに具材を追加して火にかける。

鍋スープが少ない場合は、牛乳を少しプラスして調整するといいかも。

最後にチーズと卵黄を落として出来上がり!

 

一気に洋風の味わいに変化。マッシュルームの香りとも相性が良く、ベーコンの塩っけがスープをさらに味わい深くしてくれている。

ミルクバター味のコクのあるスープで楽しむシメのカルボナーラ風うどん。卵が入ることでよりまろやかさがアップする。とろ~りチーズがまたたまらない!

この味わいの変化もまたシメの楽しみのひとつだ。

 

今年の冬はお家で家族と鍋を囲もう

リスクが高まる外食の頻度は減ってしまうかもしれないが、暖かい部屋で家族と鍋を囲むのも楽しいだろう。

鍋を食べた後は、身体もポカポカ、お腹も満足。

寒い冬には、濃厚なコクがおいしいミルクバター味の鍋をぜひ試してみて。鍋スープとしてだけでなく、ロールキャベツなど普段の料理のベースとしても使えるからアレンジの幅が広がる。

白バラ牛乳シリーズには、他にも「牛乳屋さんのおいしいビーフシチュー」・「牛乳屋さんのおいしいクリームシチュールウ」・「牛乳屋さんのおいしいクリームシチュー」「牛乳屋さんのおいしいバターチキンカレー」などがあるからチェックしてみて。

 

『白バラ牛乳使用 牛乳屋さんのおいしい鍋スープ ミルクバター味』の購入は、公式オンラインショップや量販店などから。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック