【尿酸値対策】高めの尿酸値が気になる! リスクを痛感している人のための成分を配合した、機能性表示食品『尿酸セーブ』

●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。●本品は国の許可を受けたものではありません。●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。

 

食事会はやっぱり楽しい。存分に満喫したいところだが、気になるのはプリン体、そして尿酸値。高めの数値(5.5mg/dL超~7.0mg/dL未満)を放っておくと、気がかりなリスクにつながることも…。そんな人の新習慣に取り入れたいのが、高めの尿酸値を下げる成分を配合した『尿酸セーブ』だ。

宴席が楽しめなくなる!?  数値高めの先にある気がかりなリスクに早めの対策!

にぎやかな席での美味しい食事は最高だ。しかしこれがいったん人間ドックや検診で「尿酸値高め」と告げられると、話は変わってくる。ビール、あん肝、干物などに多く入っているのが、尿酸値を高くする犯人・プリン体だ。

 

さらに同僚・知人から聞こえてくるのは尿酸値高めを放っておいた人々の気になるストーリー…。ある日、突然前触れもなく襲われる衝撃を考えると、早めの対策をとる必要がありそうだ。

そこで注目したいのが、WELLBEST(ウェルベスト)による信頼の機能性表示食品『尿酸セーブ』。もちろんバランスの良い食生活や運動も大切だが、サプリメントという形なら、お手軽に対策の第一歩を始められるかもしれない。

高めの尿酸値が4週間で低下! 話題の成分「ルテオリン」を含んだ機能性表示食品『尿酸セーブ』

科学的根拠をもとに消費者庁に届出済の『尿酸セーブ』は、機能性関与成分「ルテオリン」が、尿酸値が高めの方の気になる尿酸値を4週間で低下させるのだが、その効果は実際に下記のグラフを見ても一目瞭然。

効果の理由は「ルテオリン」が、体内で過剰に尿酸が生み出されるのを抑制してくれるから。プリン体が体内で分解され、尿酸へ変化する前の2か所に作用し阻害することで、尿酸値を下げるはたらきがあると考えられている。

さらに、『尿酸セーブ』にはサポート成分として「オロト酸」(機能性関与成分ではない)も配合されている。しかも機能性表示食品に配合されたのはウェルベストが日本初

 

様々なリスクを引き起こすかもしれない高めの尿酸値にこれだけアプローチしてくれるのは正直とても心強い…!

尿酸値のもとになるプリン体、実は体内でたくさん作られている!?

尿酸のもとになるプリン体だが、実は約7割が体内で生成されており、食品から摂取する割合はわずか3割ほど。そのため飲料や食品に含まれるプリン体だけに気をつけていても数値の上昇は止まりにくい。

※参考文献:Dietary Factors and Hyperuricaemia より

※参考文献:Dietary Factors and Hyperuricaemia より

高めの尿酸値は、なにより、体内で作られる仕組みをきちんと抑制することが大切なのだ。

 

そこで、最近どうにも健康リスクが心配になってきた記者が、体内合成を阻害する「ルテリオン」を配合した『尿酸セーブ』をお試し。湧き上がってくるワクワク感の中、味や飲みやすさも確かめてみた。

期待と希望の4週間!『尿酸セーブ』を飲んでみよう

持ち歩きしやすいパウチに約30日分が入っており、1日の摂取目安量は2粒。白っぽい小型の錠剤タイプで、気になるニオイもなくスッと水で飲める。朝ごはんのあとに飲むことで、忘れることなく毎日の習慣にすることができた。


しばらく飲み続けていると、だんだんと生活が楽しくなってきた。『尿酸セーブ』のルテオリンで尿酸値対策をしているという安心感が大きく、最近では食生活を気にしたり、軽く運動も始めてみた。この調子でいけば、次の検診は怖くない、そんなワクワク感があった。

 

毎日2粒目安を飲むだけ。これなら気軽に生活習慣に取り入れるため、ものぐさな記者でも楽に続けられそうだ。

 

『尿酸セーブ』が今なら初回限定特別価格1,000円で手に入る!

少しでも高めの尿酸値が気になるのなら、ルテオリンを配合したウェルベストの『尿酸セーブ』がおすすめだ。グラフの”尿酸値ダウン”を、身をもって体験したい人のために、約30日分『尿酸セーブ』が、今なら初回限定特別価格 税込1,000円(送料無料)で入手できる。

 

“尿酸値高め”だからと将来のリスクを気にしている、飲むのも食べるのも今ひとつ楽しくないという人なら、早めにスタートさせて、その安心感を手に入れてみてはいかがだろうか。 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック