ラム酒の芳醇な香りとパープルカラーのアクセントが斬新な『ノアールスティック ラムレーズン』をサクッと食べた

このカラーリングが実に大人のオシャレ感

 

半年ほど前、「ノアール」の進化系として発売された「ノアールスティック」をご存知だろうか。円形のビスケットから「ポッキー」のように棒状になったことで、つまみやすく気軽に食べやすくなった商品だ。このシリーズに新味『ノアールスティック ラムレーズン』が登場。女性に人気のラムレーズン味をさっそく確かめてみよう。

 

ラム酒が利いた上品な味わい。ラムレーズン好きは要チェック

国産「オレオ」に変わる商品として発売された、ヤマザキビスケット株式会社の「ノアール」。日本人向けにサクサクとした軽い食感と、甘すぎないバランスの良さが特徴のビスケット商品だ。

ブドウ果汁3%使用。

この「ノアール」をもっと日本人向けに食べやすく進化させたのが「ノアールスティック」。以前検証した際は、ココアクッキーのほろ苦さとバニラの甘いコクのバランスが印象的な商品だった。

あわせて読みたい:「ノアール」が食べやすく進化!『ノアールスティック バニラ/同 ソルティーナッツ』がサクサク美味しい!

今回発売される『ノアールスティック ラムレーズン』(12本入・希望小売価格 税抜110円・2019年1月14日発売)は、バニラに変わりにラムレーズンクリームを使った新味。

それではさっそく食べてみよう。

レーズンをイメージした紫色のパッケージの中には、6本入りのパックが2つ。

封を切ると、ラムレーズンの芳醇な香りがふんわりと広がる。

パクッと一口。ココアのほろ苦い味が広がり、以前とあまり変わらない? と感じるのは始めのうちだけ。ラムレーズンクリームが舌に触れると味がガラリと変わる。ラム酒の深みのある香りとコク、レーズンの甘さが口中に広がっていく。

ごくんと飲みこみ、ふと呼吸をすると、甘味のある柔らかいラム酒の香りが鼻孔を刺激して心地いい。まさに上品な大人の嗜好品だ。

逆に言えば、ラム酒が苦手な人には少々アルコール臭く感じるかもしれない。アルコール分は0.1%未満だが、ラム酒の香りをしっかりと感じるので感覚的には濃く感じてしまうだろう。

サクサクとした軽い食感は変わらない。

1パック6本入りでエネルギーは151kcal、糖質は約22.7gと高めなので、ダイエット中の人は気を付けておこう。

全国のコンビニ、量販店で発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック