じゃがいもを揚げただけ、塩もなし! すっぴん顔で勝負する『湖池屋 ポテトの素顔』

黄色いパッケージが目印。ローソン限定。

 

近年のポテチ業界は様々なフレーバーが発売される混沌状態。王道のうすしお味からイロモノまで、じゃがいもにあらゆる味を化粧してユーザーの購買意欲を刺激してきた。そんな中、あえて味を付けない”すっぴん”を選択したのが『湖池屋 ポテトの素顔』だ。芸能人だってきちんとメイクしているというのに、よほど自信があるのだろうかか?

 

原材料にはじゃがいもと植物油のみ。しかし皮付きポテトの味わいがしっかりと!

ポテトチップスでお馴染みの湖池屋から『湖池屋 ポテトの素顔』(70g・希望小売価格 税込165円・2018年11月27日ローソン限定発売)がローソン限定で発売された。気になるのは大きな文字で書かれた”食塩不使用”の文字。

減塩ではない。食塩不使用。

ポテトチップスはどんな味であれ食塩で多少なり味のベースを作るのが一般的。もちろん同社の扱う「ポテトチップス リッチコンソメ」や「ポテトチップスSTRONG サワークリームオニオン」などにも使用されている。

原材料には馬鈴薯と植物油の2つのみ。つまり揚げただけでなにも味付けをしていないというわけだ。手抜きじゃないのかと疑ってしまいそうになるが、実はこれには理由があるようだ。

じゃがいもの旨みは皮の付近に多く含まれていると言われており、湖池屋のポテチはこの旨み部分を残すように皮むき行うことでじゃがいも本来の味を残しているというわけ。確かに皮ごと食べられる新じゃがいもを使った料理は香りや旨味が一段と美味しい。湖池屋はあえて味付けを行わないことで自社の強みを売り出そうとしているわけだ。

1袋あたりのカロリーは396kcal、糖質は約39.1g。

ちなみに、同社が行う工場見学では味付されていないできたてのポテトチップスを食べることができるらしい。参加した人の感想を見てみると味が付いていなくても美味しい、という声が多くみられた。

 

こういった声が反映されて今回の商品化にもつながったのだろうか。

封を切るとじゃがいものシンプルな香り。良い香りだと思うがジャンキーさに物足りなさを感じざる得ない。

サクサクとした食感は相変わらず。うすしお味の塩加減がいかに絶妙なのかわかるほどじゃがいもの素材の味がする。噛み続けると甘味なども感じられて楽しいのだが……ジャンキーなスナック菓子でここまでしっかり咀嚼するのはちょっと面倒。

裏面の商品紹介を見てみるとお好みで色んな味付けができるのもこの商品のウリ。家庭にあるであろういくつかの調味料を試してみた。

 

  • 温める

できたての温度に近づけるのが目的。レンジで30秒ほど温めるとホクホクさが増して香りは広がるようになった。ただし、すぐに冷めるのでちょこちょこ温める必要がある。

 

家庭用の塩をふりかけて好みの塩加減で。塩加減が難しいが、食べていて飽きない味わいになった。うすしお味とは全く違う味わいなのでこれはこれで有りだ。

 

  • ケチャップ

ポテトと言えばケチャップ。シンプルに美味しいおすすめ味。

 

  • マヨネーズ

ポテトサラダなどに使われるマヨネーズ。カロリーは高くなるがまろやかな味となって美味しい。

 

  • 生姜

意外といける。加減が難しいが、ベストなバランスだと一番おすすめ。

 

  • わさび

わさびの刺激が強すぎて断念。わさび味の製品のすごさを思い知らされた。

 

  • にんにく

にんにく単品だと臭いもあって微妙だったが、若干塩を加えると意外と美味しく食べられた。つけすぎ注意。

 

  • ねり梅

しょっぱさもあって美味しく食べられるか、と思ったが分離した味わいに。おすすめ度は低い。

 

すっぴんだからこそ、自分好みに化粧ができる楽しさを感じられた。味付けをする意外にも、砕いてサラダにかけてみたり味噌汁に入れてみたりと工夫の余地は広そうだ。ローソン限定・数量限定なので試したい人はお早めに。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック