これまでなかった!肌への刺激をとことん減らした美白ゲル『プリマホワイト』が超話題

美白・うるおい・やさしさの3つを叶えた画期的オールインワンゲルが登場!

 

夏の疲れが肌にドっと出ている方は少なくないだろう。知らず知らずのうちに蓄積された紫外線ダメージは、秋になると一気に肌に表れてくる。とはいえ、弱った肌にアレコレ塗るのは逆効果。かえって刺激になる可能性もあるからだ。疲れきった肌を癒すプリマホワイトは、数ある美白※1化粧品の中でも類をみない「やさしさ」が特長だ。

夏枯れ肌には、紫外線ダメージ対策を!

美白化粧品で、肌にピリピリと刺激を感じる方、うるおい不足を感じている方は少なくない。製品に含まれる成分のせいなのか、肌につける化粧品の組み合わせが悪いのか、その原因は様々だ。とはいえ、蓄積された紫外線ダメージをケアしなければ、確実に未来の「シミリスク」となってしまう。

 

デルソル株式会社(東京都豊島区)のプリマホワイト』(60g・初回価格 税込980円)は、肌への刺激を最低限に抑えながら、シミ・そばかすを防ぎ、肌にたっぷりのうるおいを与える新しいタイプのオールインワンゲル。

独自の乳化技術で添加物の使用を抑えた『プリマホワイト』

肌の刺激となる界面活性剤やパラベン、アルコール、鉱物油、シリコンなどを使わずにジェル化に成功した革新的な一品だ。

乳液よりサラっとしたテクスチャー

手に取ってみると、乳液に空気を含ませたような柔らかいテクスチャー。

スーッと伸び、ひんやりとして心地よい。塗った瞬間に肌がなめらかになり、うるおいが満たされていく感じがした。

うるおうのにベタつかないから、化粧下地としても優秀この上ない!

1~2分すると肌がうるおいで満タンになり、モチモチなのにサラサラの肌に。ベタつかないのが嬉しい。翌日、起きて鏡を見てみると、肌にツヤと透明感が……! 1枚1,500円超えの高価なフェイスパックでレスキューケアをした翌日の透明感と比べても劣らない。

翌朝の透明感にきっと驚くはず

プリマホワイト』は、フェイスパックの効果も兼ねているというから、納得だ。他にも化粧水、クリーム、美白美容液、化粧下地、ニキビ対策、マッサージジェルなど10の機能を持つという超多機能なジェル。

塗ってしばらくするとサラモチの肌になるので、化粧下地としても優秀だった。記者は普段デパートコスメの化粧下地を使っているが、うるおい・くすみ・崩れにくさ・価格の総合パフォーマンスを考えると、『プリマホワイト』が断然おすすめ。

成分を肌に届けるための「ラメラ構造」を採用

気になる美白効果だが、シミに効果的と言われている「アルブチン」のほか、ビタミンCの600倍の抗酸化力があるという「フラバンジェノール」を高濃度配合。じつは、この2つの成分の相乗効果によって、さらなる美白効果が期待できるという。

また、肌のツヤをアップさせるうるおい成分もたっぷり。9種の天然由来成分(シアバター、スクワラン、オリーブ油、セラミド3、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、マロニエエキス、ユキノシタエキス、ビルベリー葉エキス)が、乾燥による小じわにもアプローチ。

 

これらの成分を肌にしっかり届けるために「ラメラ構造」という独自の技術を採用し、美容液やクリームなしでもしっかりと潤う構造となっている。

あれこれ肌に塗り、かえって肌に刺激を与えるより、自分の肌に合ったオールインワンゲルを選ぶことは、肌のための最良の選択と言えるのではないだろうか。

 

『プリマホワイト』は、初回限定価格980円! 2回目以降も55%オフでお得!

1本で約1か月分・60g入りの『プリマホワイト』は、メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすなどを防ぐ美白オールインワン! 公式サイトから申し込むと、初回限定価格980円(税込)というお得なお値段で購入できる。

2回目以降も定価より55%オフの定期購入価格4480円(税込)で、無理なく続けられるのがいい。(4回継続条件あり)

シンプルスキンケアの1本にはとっておきの『プリマホワイト』がおすすめ

化粧水や美容液、乳液などたくさんのスキンケアアイテムを使っていると、毎月1万円以上かかっているという女性も多いので、これ1本で10役、しかもシミ・シワ、乾燥対策ができると考えるとかなりお得。アレコレ使ってかえって肌をいためてしまうより、シンプルなケアで夏の疲れを癒してみてはいかがだろうか。

 

※1・・・メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清見 なみ

フィットネスや美容の記事を数多く執筆しているライター。小学生の頃からドラッグストアコスメが大好きで、偏愛歴は長い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック