秋冬の乾燥に集中アプローチ! 保湿成分たっぷりの『XILOCNARE(シロクナーレ)』をおためししてみた

これひとつで贅沢なうるおいチャージ!

 

暑さから解放されて過ごしやすくなる秋。同時に、夏の肌ダメージが表面化したり乾燥が気になりだしたりする季節でもある。そこで力を入れたいのが、集中的な保湿ケア。宝石みたいに輝く贅沢なジェル『XILOCNARE(シロクナーレ)』で、失われた肌のハリ・ツヤを取り戻そう!

 

濃密オールインワンジェル『XILOCNARE(シロクナーレ)』

ヴィーダ株式会社(東京都渋谷区)が展開するスキンケアブランド「TENSHI」の『XILOCNARE(シロクナーレ)』(50g・価格 税込7,280円・発売中)は、乾燥肌にアプローチする成分をぎゅっと詰め込んだ濃密オールインワンジェル。

女性なら魅力的に感じずにはいられない、その贅沢な配合成分をいくつかご紹介しよう。まずは動物の胎盤から抽出される「プラセンタ」。保湿性が高く肌にみずみずしいうるおいを与えてくれるらしい。天然ハーブ、甘草(カンゾウ)の根に含まれる「グリチルリチン酸2K」もまた、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルに働きかける心強い成分だそうだ。

 

そして「真珠エキス」「紫根エキス」「ツボクサエキス」の3大美容成分。特に真珠エキスはクレオパトラが愛したとも言われれる真珠由来の保湿成分で、肌のハリ・ツヤアップのためにアプローチしてくれるそう。

気分まで上がる美しい紫色のテクスチャーと、ベルガモットベースの癒しの香り、そして素早くなじむみずみずしい使い心地も魅力的。肌への負担が少なく保湿に長けたオールインワンジェルとして、ハリ・ツヤが欲しいこれからの季節にぴったりのアイテムなのだ。

 

すーっとなじんでハリ・ツヤアップ! 時短スキンケアにもおすすめ

長引くマスク生活に気温や湿度の変化も加わり、最近肌の乾燥やハリ不足が気になっている記者。さっそくXILOCNARE(シロクナーレ)をおためししてみよう。

黒いスクエア型の容器は、シンプルで洗練された雰囲気。これなら美容意識の高い男性でも手に取りやすいかもしれない。

フタを開けると専用のスパチュラが付いている。中身に直接触れる必要がないのは衛生的で嬉しい。

スキンケア用品なのにビジュアルでもここまで感動させてくれるなんて…! 深く幻想的な煌めきがまるで宝石みたいに美しい。

ジェルは手に取ると透明感があって、ぷるんと濃密なテクスチャー。ベルガモットベースの爽やかで落ち着きのある香りとあいまって、五感をときほぐすように早くも気分を癒してくれる。

洗顔後の肌に、乾燥による小ジワが気になる目元から塗っていこう。指先のジェルがみずみずしく肌に乗り、一瞬でうるおいの膜を貼るようにぴたっとフィット。とても伸びが良いので、パール小1粒分くらいで両方の目元に十分いきわたった。

しっかり伸ばしたら、うるおい入れ~!! と押し込むように優しくなじませていこう。べたつかず、すーっと肌が受け入れていくような素早い浸透力*。私の肌ってこんなに素直だったの…? そんな感覚にすらなってくる。

※ 角質層まで

マスク生活になってから気になるようになった、口元やフェイスラインの乾燥・かさつき。ここにもしっかりなじませておこう。最初はしっとりもっちり吸い付くようだった手ざわりがサラリと快適になったら、肌がしっかりうるおいを受け入れたサイン。

左:塗布前 右:塗布後

いかがだろう、このふっくらキメが整い、ハリ・ツヤがアップした印象。なにより、指先で触れたときのふわっと入り込むような柔らかさが心地良い。最近、乾燥により肌表面が硬くつっぱっているように感じていたから、この変化は嬉しい限りだ。

 

朝晩の洗顔後、XILOCNARE(シロクナーレ)ひとつでケアしてみたが、メイク乗りの良さも日中の肌のうるおい感も上々。これは使い続けるとさらなる効果が期待できるかも…? 育児に忙しい記者は自分のことに時間がかけられないことが悩みだが、このジェルならこれ1つでお手入れが完結できるので、時短スキンケアアイテムとしても救世主になってくれそう!

 

紫のジェルでうるおいあふれるなめらかな肌へ

保湿ケアに力を入れたい、肌のターンオーバーが乱れやすい秋冬。『XILOCNARE(シロクナーレ)』なら角質層の隅々までたっぷりの美容成分が浸透し、かさつきや乾燥が気にならないなめらかな肌へと導いてくれる。しかもそれが手軽なオールインワンで叶うというなら、取り入れない手はないのでは?

 

空気の乾燥とともに肌の乾燥も気になりだした人はぜひ、紫に輝く贅沢なジェルを体感してみて!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック