税抜き20,000円のお手頃価格で4段階リクライニング付き!スタンド付きで自立する新製品べビーカー『イングリッシーナ ブリンク』をチェック

今までだっこひもで頑張って来たけど、そろそろベビーカーが欲しい!という人や、赤ちゃんもだいぶ大きくなってきたのでコンパクトなベビーカーに替えたいという人には、いわゆるB型ベビーカーが視野に入ってくる。小回りが利いてコンパクトで荷物がたくさん積めるのが良いけど、でも赤ちゃんの乗り心地も気になる。もちろん価格も気になる…という方にオススメなのが、4月に新発売されたイングリッシーナ ブリンクだ。

 

ブランド最軽量&小型の『イングリッシーナ ブリンク』の魅力って?


イタリア生まれの「Inglesina」(イングリッシーナ)は、ヨーロッパを中心に世界50ヵ国以上で愛されているベビーブランド! 日本ではまだまだ主流とはいえないが、スタイリッシュなフォルムと機能性を兼ね備えた「ママの理想」をカタチにした商品を数々生み出していることで人気を集めている。

新発売のベビーカー『イングリッシーナ ブリンク』(全5色・希望小売価格 税抜20,000円・2018年4月下旬発売)は、洗練されたデザインや発色の良いカラーリングなどの見た目のオシャレさとは裏腹に、「本当に役立つ機能」が満載の一台。「かわいい子供と一緒に、もっとラクにおでかけしたい」と思っているママ&パパにおすすめだ。

カラーは全5色、こちらはグリーン。

「B型ベビーカー」というと、「軽量」「コンパクト」という部分が魅力のベビーカーだが、首と腰がすわった後の生後7カ月頃から使用するので、シートのリクライニング幅が小さいものが多い。

ところがこの『イングリッシーナ ブリンク』なら、シートに4段階のリクライニング機能がついていて、このタイプではめずらしくフラットに近い状態までシートが倒せるようになっている。おでかけの際に赤ちゃんが眠ってしまったら、ラクな姿勢で寝かせることができ、快適なお昼寝をサポートしてくれる。

また、サンシェードは開閉式サンバイザーでUVカット機能付き。紫外線カットで赤ちゃんのお肌を守ってくれる。

パッド付のシートにメッシュウインドウと、通気性も確保されている。近年の猛暑に対する対策もばっちり。

コンパクトモデルだが、「イングリッシーナ」ならではの気遣いも忘れない。さっとペットボトルを収納できる「ドリンクホルダー」や大容量の「ショッピングバスケット」もついている。

「フロントガード」(前面の飛び出し防止のバー)もついているので、2才前後になって動きが活発になったときも安心だ。小型モデルにはフロントバーがないことも多いが、バーがあるとおもちゃを取り付けられるし、寒い季節にはひざ掛けなどが落ちにくいので助かる。

ブランド最軽量のコンパクトモデル、なのに機能は重量級で手放せない!

『イングリッシーナ ブリンク』は重量5.8kgのブランド最軽量コンパクトモデル。折りたたむと幅25cmx奥行21.cm5x高さ107cmにも小さくなり、スタンド付きで自立可能。玄関などの狭い空間でも邪魔になりにくい。車のトランクに入れるときもラクラクだ。

カラーは全5色。コーラル(赤)、グリーン(黄緑に近い)、シルバー、ブルー、ブラックと豊富なバリエーションがうれしい。発色も良く、街中でもスタイリッシュ。いずれも男女に違和感のない色合いだ。

『イングリッシーナ ブリンク』はカーサリッチオフィシャルショップ限定販売商品。1台につき税抜20,000円で販売中。オフィシャルオンラインショップで、メーカー保証1年+ショップ保証1年の計2年間の保証が受けられる。

 

新生児から使える大型ベビーカーはおでかけが大変なので、ブランド最軽量のコンパクトモデルの『イングリッシーナ ブリンク』はおでかけ好きの家族におすすめ。コンパクトなのに機能満載のベビーカーで、もっとアクティブにおでかけしよう。

 

あわせて読みたい:『イタリア生まれのベビーカー「イングリッシーナ ジッピーライト」に新色登場!自動改札ラクラクのコンパクトモデル』

 

公式サイトはこちら

記者

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック