【ジンジャーエールとは?】ドライが辛い!?『ウィルキンソン ジンジャエール/ドライジンジャエール』の真実【基礎知識】

激辛かピリ辛かという選択肢

近年ときどき出会ってびっくりする辛口のジンジャーエール(ジンジャエール)。その辛みはショウガ(ジンジャー)なので当たり前といえば当たり前なのだけれど、爽やかスイート炭酸飲料のイメージもまた強い。一体どういうことなのか、『ウィルキンソン ジンジャエール/ドライジンジャエール』を飲み比べながら解説したい。

 

刺激的辛さが特徴のジンジャエール(ジンジャーエール)、ショウガ炭酸ドリンクとしてのアイデンティティー、ここにあり!

ジンジャエール(ジンジャーエール)自体の歴史は古く、カナダの発明品とされ、1900年初頭のアメリカの禁酒法時代に、お酒の割り材として普及したのが始まりだ。もともと誕生時点はショウガの辛さがメインの飲み物だったが、甘さを加えたことで大ヒットしたと言われている。


一方日本上陸は大正時代。国内で普及しているジンジャエール(ジンジャーエール)ブランドといえば、カナダドライ(コカ・コーラ社)とウィルキンソン(アサヒ飲料)の2種類だが、国内ではウィルキンソンが先行していた。

 

ただ一般的に店頭で目にするようになったのは1970年代以降のカナダドライ。それが辛味を抑えた甘い炭酸飲料味だったため、世間的には当時流行していた「三ツ矢サイダー」「スプライト」「キリンレモン」などのすっきり炭酸飲料の仲間という認識が広まって定着したのである。

 

ちなみに商標的には、ウィルキンソンが”ジンジャエール”で、カナダドライが”ジンジャーエール”である。

 

激辛の刺激がビリビリくる大人味!
『ウィルキンソン ジンジャエール』

そんなジンジャエールを以前から辛口・甘口の2種類展開を続けているのがウィルキンソンである。そこで今回は辛いのと甘いのを飲み比べてみる。まずは近年注目を集めているアサヒ飲料『ウィルキンソン ジンジャエール』(190mlリターナブル瓶・希望小売価格 税抜68円・発売中※PET 500mlも有)から。

凶暴なほう

バーで出てくる本格的なショウガの辛みが特徴なのだが、ぱっと見はロゴが濃い茶色という違いしかない。何と危険な。甘い方だと思って飲むと強烈刺激で度肝を抜かれるので気をつけよう。やさしいタイプのロゴは薄めの茶色だ(王冠には商品名が小さく書いてあるが)。

ドライと書いてない方が辛い

飲むと辛い。口の中に溜めると鼻から抜けて、くしゃみが出そうになる。甘く見ないこと。ただこのすり下ろしショウガ的なハードな刺激は、おとなしいサイダー系とは違い、大人の味がする。顔をしかめつつ飲むような、度数の高いお酒的なニュアンスがあるのだ。

色が濃い

この刺激を一度味わってしまうとクセになる。通常の甘口ジンジャエールが物足りなくなってしまう。

ドライと書いてある方が甘口!

しかも近年は健康ブーム。ショウガといえば体を温めデドックス(解毒)するイメージがあるので、健康的なメリットを期待してしまう部分もあるだろう。

一本当たり70.3kcal/糖質約18g

ほどにクセになる、力強い味わい。「ウィルキンソン」を代表する大人向け辛口ジンジャエール。

 

 

ドライなのに甘い方!? 日本人の慣れ親しんだ味
『ウィルキンソン ドライジンジャエール』

一方、世間的にジンジャエールの味と認められているのが、『ウィルキンソン ドライジンジャエール』(190mlリターナブル瓶・希望小売価格 税抜68円・発売中※PET 500mlも有)である。ビールなどのお酒の世界ではドライは辛口というのが通説だが、ジンジャエールは甘い方がドライなのである、ややこしい。

あっ、色が薄い

改めて飲んでみると、お子様にも安心な甘さと酸っぱさのバランスが整った平和な味わい。『ウィルキンソン ジンジャエール』が大人味なのに対して、子ども味とでも言いたくなるが、一般ジンジャーエールと比べるとやはりショウガの辛みはピリッとくるので子どもというよりは思春期味な気もする。

一本当たり74.1kcal/糖質約18g

そのまま飲んで素直に誰もがおいしいと言えるのはこちらだろう。

 

入手は、スーパーマーケットやリカーショップなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:ダイエット中に飲める『コカ・コーラ ゼロ』が2020リニューアルでどう変わった!?【新旧飲み比べ】

あわせて読みたい:【ダイエット・エナドリ】無糖強炭酸ジンジャーエール!? 『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』で辛活!【カロリーゼロ】

あわせて読みたい:エナドリじゃないレッドブルを飲みくらべ 『ORGANICS by Red Bull(オーガニックス・バイ・レッドブル)シンプリーコーラ/ビターレモン/ジンジャーエール』!

あわせて読みたい:【定番】『ドクターペッパー』のおいしさとは? コーラと何が違う?【ドクペの魅力】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック