外出先でも使えるコンパクトはさみ『スティッキールはさみ mini』は軽い力でしっかり切れる!

 

タグの外し忘れに気が付いたとき、洋服の糸のほつれが気になるとき…外出先ではさみを欲することは意外によくある。『スティッキールはさみ mini』は、そんなときにサッと取り出し使用できるコンパクトなはさみだ。今回はその使い心地をおためししてみた。

 

外出先で切りたいと思ったものといえば「値札やタグ」「ほつれた糸」

サンスター文具株式会社(東京都台東区)は、女子中学生〜40代女性967名に「外出先ではさみで切りたいと思ったモノ」をテーマにアンケートを実施。どの世代も「値札やタグ」「ほつれた糸」を切りたいと回答した。

そこで開発されたのが『スティッキールはさみ mini』(全4色・希望小売価格 税抜430円・2020年3月中旬発売)だ。

「スティッキールはさみ」は、ペンのようなスリムな形状で軽い力で切れると口コミでも人気のシリーズ。2010年11月の発売から9年で、シリーズ累計出荷数は900万本を突破したという。STICK(棒)、STYLE(姿)から造られたネーミングで、デザイン性にも優れている。

今回発売された『スティッキールはさみ mini』は、シリーズ史上最小の5cmととてもコンパクト。

さらに、シリーズ初の「ギザ刃」を採用することで、ほつれた糸やタグが滑りづらく、切りやすい仕様になった。

 

コンパクトかつ軽い使い心地で、糸やタグをしっかりカット!

実際に『スティッキールはさみ mini』を見てみると、かなりコンパクトなサイズであることがわかる。

ポーチやかばんのポケットに入れてもかさばらない。ストラップ付きなので、キーホルダーのように持ち歩いても良い。

カラーはホワイト・ブラック・ライトグリーン・ピンクの4色。好みに合わせて好きな色が選べる。

 

切るときは、刃の根元に対象物を持ってきて、しっかりはさみこむように切る。糸もタグも、1回で綺麗に切ることができた。

切るときに力を使う必要もない。記者は、親指と人差し指の2本だけで使用することができた。タグの取り忘れなどをこっそり処理したいときにも、スムーズに切ることができそうだ。

 

さまざまなシーンでの活躍が期待できる『スティッキールはさみ mini』

その他、紙やお菓子の袋を切るときにも使用してみたが、これらもしっかり切ることができた。オフィスや学校の他、さまざまなシーンで使用できるので、1本持ち歩いておくと安心できそう。

はさみは出番が多い文具だが、持ち歩いている人は意外と少ないものだ。いざというときに持っていると、自分以外の人も思いがけず助かることもあるかもしれない。

 

外出先でもサッと使用できる『スティッキールはさみ mini』は、コンパクトに持ち歩ける便利文具だった

 

コンパクトで持ち歩きにも便利な『スティッキールはさみ mini』。使いたいときすぐに取り出せるはさみは、多くの場面で重宝されるだろう。

『スティッキールはさみ mini』は、2020年3月中旬より、取扱店舗や通販サイトにて購入できる。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック