【受験生必見】縁起の良い勝ち虫トンボで合格をつかみとれ! 『モノ マークシート用鉛筆』の書き心地をためしてみた!

 

トンボのマークでおなじみのトンボ鉛筆から発売中の『モノ マークシート用鉛筆』をご存じだろうか。マークシートの記入に適した超微粒子芯(HB)が採用されていて、「書く」「塗る」「消す」作業がスムーズに行えるという。早速その実力を試してみた!

 

マークシートのためだけに作られた!? 「書く」「塗る」「消す」がストレスなく行えるマークシート専用鉛筆が発売中!

大正2年創立の老舗文房具メーカー株式会社トンボ鉛筆『モノ マークシート用鉛筆』(12本入・希望小売価格 税抜1,200円・発売中)は、マークシート試験で必要となるポイントをおさえた受験生のための鉛筆だ。

床に置かれた鉛筆

こちらは通常タイプの『モノ マークシート用鉛筆』。青・白・黒のMONO定番カラーに明るいグレーカラーがアクセントとなっている。

机に置かれた鉛筆12本が入った箱

画像の箱入りタイプは、12本入りなので、試験の時だけでなく自宅学習用としてもおすすめだ。12本入りの他、2本入りパック(先削り、キャップ付・希望小売価格 200円・発売中)もある。

鉛筆の要となる芯にはマークシートに最適な超微粒子芯が使われているため、濃く、はっきりとマークできる。

 

トンボは縁起がいい! 「勝ち虫」と一緒に受験を乗り切れ!

トンボのイラストが刻印された鉛筆

鉛筆の端にはトンボ鉛筆おなじみのロゴ「Tombow」の文字とトンボのマーク。

トンボは、前に進んでも決して後ろには退かない習性を持つことから、昔から「勝ち虫」と呼ばれ縁起のいいものとされてきたのをご存じだろうか。

マークシートの上に置かれた鉛筆

そんな縁起のいいトンボが刻まれた鉛筆は、長い間受験勉強を頑張ってきた受験生たちの心強い味方となるはずだ。

 

軽い力で消せるから、書いたり消したりを繰り返す試験中でも疲れずに集中力をキープできる!

それでは、さっそく『モノ マークシート用鉛筆』を使ってみよう!

マークシートに答えを書き込む様子

まず驚いたのが芯の硬さだ。マークシートは塗る部分が小さいためつい筆圧が強くなりがちだが、これならポキッと折れる心配もない。

記入したマークを消しゴムで消している様子

記入したマークを『モノ消しゴム』で消してみる。

これまでの経験では、なかなか書いた後が消えず、時間を気にして焦る…なんてこともあったが果たしてきれいに消せるのか?

マークシートの上に置かれた消しゴム

パッと見どこにマークをしたのか分からないほどきれいに消すことができた!

軽い力で消せるので、書いたり、消したりを頻繁に繰り返す試験中も焦らずに試験に集中できそうだ。

 

無地タイプのほか、消しゴムやポーチ付きのセット商品も!

木の机の上に置かれた無地の鉛筆

無地タイプはスッキリとしたデザインで大人でも使いやすい!

消費者の要望を受けて誕生したのがこちらの無地タイプの『モノマークシート用<無地>鉛筆』(3本入・先削り、キャップ付・希望小売価格 税抜300円・発売中)

試験を公平に保つため文字や数字が入った筆記具の持ち込みを禁止する会場に対応するために生まれた商品だ。

白色のトンボマークが描かれた鉛筆

英字とロゴは表記されていないものの、勝ち虫トンボのマークはしっかりと残っている。

並べられた2本の鉛筆

文字の入った鉛筆は普段の勉強用として使い、文字の入っていない無地の鉛筆は試験本番用にとっておく、などシーンに合わせて使い分けるのも良さそうだ。

『モノマークシート用鉛筆セット』(希望小売価格 税抜500円・発売中)は先削りされたモノマークシート用鉛筆(ロゴ入り・HB・キャップ付)が3本とモノ消しゴム・削り器が、透明のペンケースに入ったセット商品。ペンケースの中身が一目瞭然なので、忘れ物がないかチェックもしやすい。

鉛筆キャップに小さな突起が付いていて、机の上を転がりまわる心配がないのも受験生にとってはうれしいポイントだ。

無地の鉛筆と消しゴム、鉛筆削りが含まれたセット

『モノマークシート用<無地>鉛筆セット』(3本入・希望小売価格 税抜450円・発売中)は、先削りのロゴなし無地鉛筆(HB・キャップ付)3本と文字が入っていない消しゴム2個、削り器1個がセットとなっている。

木の床に置かれた消しゴム

ちなみに、こちらのセットは鉛筆だけでなく、消しゴムのスリーブの文字まで消されているという徹底ぶり!

並べられた文字が入った消しゴムと文字が入っていない消しゴム

左から:『モノ 消しゴム(文字なしタイプ)』、『モノ 消しゴム(スタンダード)』

両者を比べてみるとその差は歴然。文字が消えても定番のカラーリングだけで『モノ消しゴム』だと分かるのもすごい…。ちなみに、この青白黒のデザインは2017年に「色彩のみからなる商標」として登録されている。

 

受験対策に、機能性もゲン担ぎもバッチリな鉛筆で挑もう!

マークシートの上に無造作に置かれた鉛筆と消しゴム

センター試験や資格試験の本番を間近に控えている人は、ぜひ『モノ マークシート用鉛筆』を使ってみてほしい。購入はお近くの文房具店で。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

きたやま あさみ

きたやま あさみ

20代女性。主婦ライター。小学生の頃から趣味だったお菓子作りの経験を活かし、現在はレシピ記事も多数執筆中。インド・スイスの帰国子女。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック