【加熱式タバコ】アイコス・キラーになり得るか、『PULZE(パルズ)』の実力を専用スティックとともに検証!

 

喫味が強く人気が高い”高温”加熱式タバコの定番といえばフィリップ モリスの「アイコス」、BATの「グロー」、JTの「プルーム・エス」だったが、そこにたばこ会社による最後発加熱式タバコとして登場したのが『PULZE(パルズ)』だ。しかもアイコス加熱ブレードのようにスティックに突き刺す針を持った中心加熱式で、喫味の強さが期待される。

 

アイコスと同じ高温中心加熱式を採用、ニオイを抑えて喫味を強くの限界はここか!?

『PULZE(パルズ)』(127×24×14mm/54.7g・希望小売価格 税込3,880円・2019年10月28日発売)を生み出したインペリアル・タバコ・ジャパンは、「ウエスト」「ダビドフ」「ゴロワーズ」などを展開するれっきとしたたばこ会社で、近年ではノンニコチンVAPEの「myblu(マイブルー )」をヒットさせたことでも知られる会社だ。

そんなインペリアルが5月に福岡で試験販売を始め、10月末に全国発売を開始したのが高温中心加熱式タバコのパルズである。アイコスが紙巻きタバコユーザーからのスイッチが一番しやすい理由は、たばこ葉に加熱ブレードを突き刺して葉を直接加熱することで生まれる強い喫味である。

シリコン製キャップを取り去り、そこに専用スティックを挿して使用する。キャップはおそらくなくす、絶対なくす

グローやプルーム・エスも高温加熱式ではあるが、紙で巻いた専用スティックの周囲から加熱する周辺加熱式を採用している。その分喫味が弱くなってしまうのが特徴だった(その分汚れにくくメンテナンスはしやすいが)。

隙間からちょっとだけ見える太い加熱スティック

ところがこのパルズは、アイコスの加熱式ブレードのように、専用スティックの中心に太い針をズブっと挿して使用する中心加熱式を採用した。つまり真の意味でのアイコス・キラーとしての資格を持つ唯一の機種なのである。

ダブルクリックして2回目をそのまま長押しキープするとバイブするので、1回めで手を離せば標準モード、2回鳴るまで押し続ければエコモード。正直ややこしい

 

スティックタイプ一体型の見た目は、「アイコス3マルチ」を想起させるが、少しだけ大きい。先端にはシリコンキャップが付属しているが、使用時には取り去るので、まずなくす可能性が大きい。

左が「アイコス2.4PLUS」右が「アイコス3デュオ」、中央上が「アイコス3マルチ」で中央下がパルズ

モードも標準(345℃)とおよびエコモード(315℃)の二段階切り替えができるようになっている。アイコス3マルチは20秒起動で連続10本使用可能だが、こちらは20秒で起動、連続20本使用可能とスペックアップ。アイコスの加熱温度が300〜350℃なので、ほぼ構造と温度は同等に近い。

 

 

さらにこの加熱式タバコというシステム自体は、たばこ葉を直接あたためて吸うヴェポライザーというデバイスの機能が応用されているのだが、そうしたヴェポライザーメーカーの大手の技術を使用して作られたというからさらに期待は高まる。

 

 

パルズ専用の『iD(アイディー)・スティック』とは?

本当はダビドフとかゴロワーズが良かったなあ

パルズには専用スティック『iD(アイディー)・スティック』(20本入・希望小売価格 税込460円・2019年10月28日発売)があり、そのバリエーションは「アイディー・スティック・ミント」「アイディー・スティック・メンソール」というわずか2種類。レギュラータイプは福岡では販売されているようだが、全国発売はされていない。

一卵性双生児感

このアイディー・スティック、アイコスのヒートスティックにかなり近いが少しだけフィルター部分が長く、比べると微妙に背が高い。ただ口径が一緒なので互換性があると言って良いだろう。

 

 

それでは実際にパルズで『iD(アイディー)・スティック』を吸ってみよう!

 

 

「アイディー・スティック・ミント」

スペアミントタイプの甘みのある清涼感でスティック自体には加熱式タバコ特有のニオイがほとんどない「アイディー・スティック・ミント」。実際に吸ってみても、ミント感が大きく広がり、その後にたばこ葉の旨味がやってくるのだが、少し物足りない。レギュラーで味わってみたいという気持ちが先に立ってしまう。

 

 

ミントの清涼感の効果もあると思うが、確かにニオイはアイコスの「マールボロ・ヒートスティック」に比べれば抑えめだ。ただアイコスも加熱式タバコ専用ブランド「ヒーツ」があり、そちらは幾分ニオイが抑えめなので、そちらと比べてしまうとその差は縮まる。

 

 

アイコスと同じ口径だけあって、まとまった蒸気の圧が心地よいのは確か。上質なたばこ葉を使用している気がした。

 

 

「アイディー・スティック・メンソール」

こちらは辛いタイプのペパーミントタイプのメンソール。吸い込むと喉奥にカーッとしたものが広がる系統である。これはメンソールが強力なので、たばこ感がより少なく感じてしまった。じっくりたばこ味を楽しむには辛すぎるので、あくまでメンソール大好きな人が清涼感優先で楽しむタイプだと感じた。

 

アイコス専用スティックが味わえるか実験!

いともあっさりとヒートスティックもささり、普通に使用できてしまった。その味わいもきっちり楽しめる。アイコス互換機として使えるというのは、アイディー・スティックの販売網が充実するまでは大きなメリットかもしれない。何しろアイディー・スティックはたったの2種類。選ぶ余地もほとんどないのだから。

 

 

実際にためしてわかったが、アイコスキラーとしてのハードウェア的な資格はあると思うが、専用アイディー・スティックが2種類ということで、まだまだガチンコで競合できる状態ではないことがわかった。ただニオイを抑える方向を意識しているのは期待大。今後のスティックのバリエーション拡充を望みたい。

 

 

入手は全国のタバコ取扱店、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【加熱式タバコ】『アイコス 3 デュオ(IQOS 3 DUO)』時代の機種選び〜あなたに向いてるアイコスはこれだ!

あわせて読みたい:【加熱式タバコ】10秒スタート&ブースト『glo pro(グロー・プロ)』と最軽量『glo nano(グロー・ナノ)』を2週間連用レポート!

あわせて読みたい:【加熱式タバコ】コスト激減、ニオわないで人気の次世代タバコ・ヴェポライザーの銘機「FENIX」の気の利いた強化版『WEECKE FENIX +(ウィーキー フェニックスプラス)』!

あわせて読みたい:【比較検証】JTによる新型次世代タバコ、低温/高温加熱式『プルーム・テック・プラス』vs『プルーム・エス』各々のメリット・デメリットを2週間連用チェック!

あわせて読みたい:【1箱500円時代突入】タバコ代激減デバイス「ヴェポライザー」、専門店が選んだおすすめ3機種を検証!

あわせて読みたい:【次世代加熱式タバコ】タバコ代激減だけではないヴェポライザーの魅力を、ドイツデザインの最強ハイエンド機の呼び声も高い『Zeus Arc GT』で堪能する!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック