六条大麦を使った香ばしい本格麦焼酎『六条の雫』。減圧蒸留製法で、豊かな香りと、クリアで軽やかな口当たりを両立!

 

六条大麦というと、「麦茶」を連想する人も少なくないだろう。確かに、六条大麦は、麦茶に使用する大麦で、ビールや焼酎には通常、二条大麦を使用する。しかし、あえて六条大麦を使用して作られた本格麦焼酎が、今日ご紹介する『六条の雫』である。醸造元のキング醸造株式会社(兵庫県加古郡)の地元、兵庫県稲美町で収穫された六条大麦だけを使用した、香り豊かな麦焼酎だとか。さっそくおためししてみた。

 

 

ロックでスイスイな軽やかさ!

 

麦焼酎は芋焼酎に比べ、味わいに癖がなく、焼酎初心者にも飲みやすい焼酎とされているが、この六条大麦を使った麦焼酎はどんなものなのか。飲む前から興味があった。

記者は、以前はさほど焼酎を好んで飲まなかったが、痛風予防を意識してから、プリン体を含まない焼酎を飲むようになった。普段は、鹿児島の芋焼酎をストレートでいただくが、麦焼酎はロックが多い。

 

というわけで、『六条の雫』もロックで!

香り、そして口に含んだ印象は、本当に癖がなく、軽やかなこと。そして芋焼酎とは全く異なる、麦焼酎ならではの香ばしさ。記者は、これはロックでスイスイといってしまう。

とはいえ、アルコールがそれほど強くない人なら、水割りにしても飲みやすい。これは食事にも合う爽やかさだ。

また、お湯でも割ってみたが、焼酎の臭みがなく、身体にやさしく、麦の香りも楽しめる感じだった。

 

 

六条大麦は、麦の粒のなかにタンパク質を多く含むため、焙煎すると香ばしさが強く、麦茶の使用に向いている。その反面、そうした栄養分は、お酒にする場合、雑味となって抽出されるため、焼酎の原料としては使いにくい。反対に、通常使われる二条大麦は、雑味となるタンパク質の含有が少なく、粒が大きいため発酵効率もいい。

そこを、あえて六条大麦を主原料に使い、減圧蒸留という蒸留過程を経ることで、六条大麦を原料にしながら、雑味の少ない軽やかな味わいに仕上げているのが、この『六条の雫』なのである。こうした六条大麦を使った本格焼酎は、なかなか珍しい。

 

地元・稲美町産の六条大麦だけ使用!

六条大麦は、兵庫県の東播地域が西日本有数の産地。そこの六条大麦を広く知ってもらうために、醸造元のキング醸造が、JA兵庫南と共同開発したのが、『六条の雫』だ。

 

 

こだわりは、キング醸造の地元、稲美町産の六条大麦だけを100%使うこと。主原料の麦だけでなく、麹までも稲美町産の六条大麦を使うこだわり。美しい稲美町の景色、お酒造りへのこだわり、そして地元への愛情などが焼酎を通じて伝わってくる。

本格麦焼酎『六条の雫』は、兵庫限定販売。アルコール分25度で、720mlのビン入り税別1380円(税込1490円)。

お求めは、キング醸造の公式オンラインストア「はっぴーさん」で。

こちらなら送料無料で、6本入りセットも税別8280円(税込8942円)にて発売されている。

 

これからの麦茶の季節、晩酌は同じ六条大麦を原料とした『六条の雫』をためしてみてはいかが?

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック