麺は糖質ゼロ、タレは8.6gという糖質オフなタンタン味がうれしい『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風 』を食べてみたら…

糖質気にせず汁なしタンタンが味わえるなんて!

 

糖質制限ダイエット/ロカボ食実践者の強い味方、ライザップによる麺シリーズ。今回はチルド製品となり、人気の汁なし担々麺にチャレンジしたのが『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風 』だ。これが美味しかったら、この先安心なのだけれど…。食べてみよう!

 

ツルツルだけれど柔らかめの糖質0g麺のウィークポイントをどれだけごまかせるかがポイントだが…!

紀文食品が展開している「紀文deロカボ 糖質0g麺」は、スーパー店頭などでも見かけるが、その正体はおからパウダーとこんにゃく粉を加工した麺状の製品。記者も確認したことがあるが、丸麺、細麺タイプは正直厳しいものの、平(打ち)麺タイプには可能性を感じていた。

糖質はタレの分だけ

特有の柔らかさはあるものの、カルボナーラなどのこってりメニューなら、けっこういけるのではないかと思ったのである。

そんな中登場したのが、ファミリーマート『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風 』(1食入・希望小売価格 税抜258円・2019年3月19日ファミリーマート限定発売)だ。どうやら平麺タイプを使用しているようで、期待が高まる。

パッケージには鮮やかな緑のチンゲンサイが映っているが、ネギとともに、中には含まれていないので注意。ただタレはかなり本格的な赤茶色をしている。

調理方法はレンチン。麺だけを2分間レンジで温めて、そこにタレをかけて食べる。かけてから思ったが、タレも温めておけば良かった。熱々で食べられたのに。

完成してかき混ぜると、やはり緑色が欲しくなるストイックな汁なし担々麺の完成だ。では食べてみよう。タレはかなり本格的で、濃厚な味わいが麺に絡むとけっこう美味しい。ただし麺はやはり柔らかい。ふにゃふにゃ感が、本来の麺とは似ても似つかない。

白ごまを加えるとかなり美味しく!

ドロドロ〜

とはいえ、最初からこういうメニューと思えば美味しくいただける。何しろ糖質ゼロの麺である。いろいろ求めるのは酷というものだろう。途中で思いついて、白ごまをかけたら、食感にプチプチ感が加わって、かなり美味しくなった。物足りない人は実践してみよう。練りゴマと花椒(ホアジャオ)の程よく辛い味わいと絡み合って絶品になる。

入手は北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州のファミリーマートで可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック